書籍詳細

数とは何か?
さまざまな数に触れながら「数の不思議」について考える一冊。

数とは何か?
著者名
小林道正
ISBN
978-4-86064-340-9
ページ数
192ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,620円 (本体1,500円+税8%)
発売日
2012年12月14日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

「数って何?」と質問されたら、あなたはどのように答えますか?
「あらためて聞かれると、うまく答えられない」
「数のことなんて考えずに生きてきた」
「そういえば数って何だ?」
「数学は好きだけど、答えに窮してしまう」
「実数、虚数、無限に円周率……と、数に興味をもったことはあるけど、もう一度、学びなおしたい」
本書は、位取り記数法や実数、虚数などから、無限や素数、フィボナッチ数などにいたる、さまざまな数についてとりあげ、「数とは何か」を考えていきます。

著者プロフィール

小林道正(こばやし みちまさ)

中央大学 経済学部 教授。
1942年 長野県生まれ。
京都大学理学部数学科卒業。
東京教育大学大学院 理学研究科修士課程修了。
専門は確率論、数学教育。

著書に『グラフィカル数学ハンドブックⅠ 基礎・解析・確率論』(朝倉書店)、
『デタラメにひそむ確率法則』(岩波書店)、
『楽しさ発見!高校数学I A』(数研出版)など多数。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ