コラム

著書コラム

定年男の数学物語
江藤邦彦

写真:定年男の数学物語

 私は埼玉県内の高校の数学教師として38年間勤務し、2002年に定年退職しました。その後、第二の人生ということで喫茶店「びわの樹」をオープンし、店主として現在に至っています。
小さな喫茶店ですが、びわティー、びわ茶葉などが人気を呼んで、近所の主婦の方々が気軽に来店してくれます。
ところで、喫茶店には、定年退職した夫を持つ主婦の方々がよく来店します。現在、団塊世代の大量退職の時代を迎えて、こうした主婦の方々の来店が増えています。定年夫を持つ主婦の方々が来店すると、時々、夫への不満の声が聞こえてきます。
「主人と毎日顔を合わせているのはつらいわね」
「ほんとね。うっとうしいわ。一日中家にいてテレビの前でごろごろしているんですもの」
「主人の三度の食事を用意するのがたいへんよね。毎日主人の食事に振り回されている感じだわ」
こうした主婦たちの不満が、ときにはやぶれかぶれのようになって、
「いっそのこと、別れちゃおうかしら」
などという物騒な声となって聞こえてくることもあります。
 私も定年退職した後、妻から、
「もっと身だしなみに気を遣ってよ。毎日、ヨレヨレのジャージばかりじゃみっともないわ。よごれたおじいさんみたいよ」
などなど、いろいろと小言をいわれました。
 これまで長い間、家族のために一生懸命に働いてきたわけだから、定年後、妻からいたわりとやさしい言葉があると思っていたのですが、それはまったくの誤算でした。
 では、定年男がもうひとつの人生を豊かにして、しかも夫婦の関係をうまく築いていくには、いったいどのような生き方をしていったらよいのでしょうか。
 この本は、定年男の第二の人生の生き方を見つけるのに、ヒントを与えてくれる本になっています。
 この本の主人公林邦夫は、定年後、何もすることがない日を送っていたのですが、暇つぶしに公民館の図書館へ行きます。その図書館でたまたま数学の本を開いたところ、邦夫はすごくきれいで、おもしろい数の式を見つけました。これがきっかけとなって、邦夫は整数論の世界に魅せられていきます。そして、数学を趣味にして勉強を続けてみると、邦夫の心の中にさわやかなそよ風が吹いてきたのです。邦夫は言います。
「定年後の生き方が少し見えてきたようだ」
どうぞ、ご一読ください。

『定年男の数学物語』の詳細はこちら

2007年10月24日

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ