コラム

ぶかぶかのベレー帽

サバサンドブーム?

最近、社内でいろんな人から「サバサンド」の話を聞きます。「『ヨルタモリ』の番組でタモリが紹介したレシピを見て私も作ってみた」と試した人がゾロゾロ。焼きサバを挟むパンはトルコと同じようにバゲットを使った人や、食パンを使った人といろいろです。生のスライスした玉ねぎを入れ、レモンを絞って出来上がり。作り方が簡単で誰にも作れそうなところが魅力でしょうか。試して作った人があまりのおいしさにびっくりして周りの人に「ワインにも焼酎にもあうおすすめの一品、ぜひ試して!」というように伝わったようです。私もイスタンブールのエミノニュ埠頭のガラダ橋の近くで食べました。「FISH HOUSE」と英語の看板が立っていて、埠頭に停泊している船の上で大きな鉄板の上に何枚もサバの切り身を並べて焼いています。観光客だけでなく、地元の人もパクつくトルコ風ファーストフード。これはビールに合いそうだと思いながらもなかなかビールにありつけない。普通のスーパーにも置いていなくて走り回って探しました。アルコールが簡単に手に入らいないところでトルコはなるほどイスラム教の国だと納得。このイスタンブール名物のサバサンド、景観としても衛生面からもよろしくないということで一時中止されていたそうですが私が行ったときは復活していたのか多くの人がパクついていました。ベレ出版の1月新刊『史跡・都市を巡るトルコの歴史』キリスト教・イスラム教の二大帝国が存在したトルコの歴史的実像に迫ると魅力的なコピーにひかれて今、読んでいます。読みやすい上に写真もたくさん載っていて、ちょっとトルコを古代から旅行している感じです。

ワキヤマ

2015年03月26日

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ