コラム

著書コラム

【書き込み式】イチから学べる英文法ノート
東後幸生

写真:【書き込み式】イチから学べる英文法ノート

英語とマジック

1999年12月25日X’masに1冊の本が出版されました。
  「英文法をイチから理解する」
私が書かせていただいた最初の本ですが、まるで夢のような出来事でした。今思えば最高のクリスマスプレゼントだったかもしれません。
あれから5年、6冊目の「イチから学べる英文法ノート」が、5年前と同じ日に出版されることとなり、何か不思議なものを感じています。縁というものを感じますね。
最近、学生だけでなく、主婦の方々も教えさせていただく機会がありますが、最初は「英語がわからないのではずかしい」とおしゃいます。でも、私流に説明しますと「やっとわかりました」と喜んでいただけています。
本が出版できてよかったと思うひとときですが、これが1人の人のアドバイスからはじまっているのですから、またまた不思議。一期一会という言葉が浮かんできます。人との出会いは本当に大切ですね。
話は変わりますが、1年前、まったく知らない人からマジックショップで声をかけられ、それをきっかけにステージマジックをはじめました。400人くらいの前でステッキをスカーフにかえたり、ランプを出したりしています。一番楽しいのはオリジナルのマジック、金の扇や、遊園地などをイメージしたものができるときです。
これは執筆しているときと同じ頭を使っているようです。考えるよりひらめいた方がはるかによいものができます。ひらめきの場合、迷いがないのもよいですね。 マジックもまた1人の人との出会いからはじまり、縁や一期一会というものを感じます。 人生には何人か、こういう人との出会いがあるのかもしれません。大切にしたいものですね。
英語の本の出版が先で、マジックは後ですが、私にとっては、本の出版こそが最大のマジックのように思えてならない、そんな今日このごろです。

『【書き込み式】イチから学べる英文法ノート』の詳細はこちら

2004年12月01日

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ