書籍詳細

定年男の数学物語
主人公・邦夫と数学が奏でるちょっとロマンチックなストーリー

定年男の数学物語
著者名
江藤邦彦
ISBN
978-4-86064-168-9
ページ数
220ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
発売日
2007年10月15日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

「課長さん、定年後は何をなさっていらっしゃるの?」「毎日、図書館通いをして数学の勉強をしているんだ」 スナック・バロンのみゆきママの問いに、この物語の主人公、商事会社を半年前に退職した林邦夫は答えました。スナック、フレンチレストラン、図書館、喫茶店、はたまた旅行先のエジプトで、邦夫は時を忘れて“数の世界”に浸ります。邦夫と一緒に整数論を学ぶことで、数学を考えることの喜びを感じていただける本です。

著者プロフィール

江藤邦彦(えとう くにひこ)

1942年、長野県生まれ
1964年、埼玉大学卒業
同年より埼玉県内の高等学校に勤務
2002年、定年退職後、喫茶店「びわの樹」を開店し、現在、店主として活躍
数学教育協議会会員

著書:『ボクもギリシャの数学者』共著(亀書房)
     『リンドラ姫の恋と数学物語』(国土社)ほか

この書籍とオススメの組み合わせ

法隆寺にひそむ白銀比 五稜郭にひそむ黄金比
法隆寺にひそむ白銀比 五稜郭にひそむ黄金比
旅先で出会う様々な数学のはなし。日光では三角比を駆使し、…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ