画像:12歳の少年が書いた 量子力学の教科書
12歳の少年が書いた 量子力学の教科書
物理学を志した著者が、「こんな本があったら」という想いを…
新刊
画像:CD BOOK ジョークで楽しく学ぶスペイン語
CD BOOK ジョークで楽しく学ぶスペイン語
ジョークは会話の潤滑油!すぐに使ってみたくなるスペイン語…
新刊
画像:雨はどのような一生を送るのか
雨はどのような一生を送るのか
降る前から降った後までのメカニズム
新刊
画像:由来とつながりがわかる 英単語語源マップ
由来とつながりがわかる 英単語語源マップ
基本イメージと派生語が一目でわかる語源マップで、英単語力…
新刊
画像:SOEL ―Sentence-oriented English Learning
SOEL ―Sentence-oriented English Learning
中高6年分の英文法、重要構文、頻出単語、頻出熟語が一挙に…
新刊
画像:意味がわかる経済学
意味がわかる経済学
現実の経済のしくみがきちんと理解できる
新刊

トピックス

6月20日
臨時休業のお知らせ
5月25日
コラム」更新しました。
4月25日
コラム」更新しました。
3月24日
コラム」更新しました。
2月27日
コラム」更新しました。

過去のトピックスを見る

ぶかぶかのベレー帽

先日ふと家にあった古い『老人と海』の文庫(新潮文庫 58年 57刷)を手に取りました。たぶん以前読んだのは〇十年前のこと。ストーリーの概要は覚えていますが、それ以外の記憶はまったくない本でした。そしてパッと開いてみた第一印象、字が小さい…! 普段編集作業で使っている級数表で早速文字の大きさを調べてみたら11級(7.5P)でした。11級といえば、私が編集する際には注釈で使う文字の大きさです(語学書ですが、日本語本文は12.5~13級、注釈は9~11級を使うことが多いです)。ちなみに新しい文庫本でも測ってみましたが、今の本は12~13級のようで、たった1級程度の違いですが、本を開いた……

続きを読む

twitter

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ