書籍詳細

数学の基本やりなおしテキスト
数学の基本を学びなおしたい方にもってこいの一冊

数学の基本やりなおしテキスト
著者名
小林敬子松原望
ISBN
978-4-86064-167-2
ページ数
192ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
発売日
2007年10月17日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

中学・高校の数学をほとんど覚えていないという人に、もってこいの一冊。10進法の成り立ちから因数分解、ベン図、確率・・・となんだか懐かしいようなトピックスを、著者の個性がにじみ出る問題・コラムから学んでいきます。学校の授業では馴染みのなかった数のエッセンスや、鶴亀算・まほう陣といった頭の体操になる問題にもチャレンジ!数学の常識力を身につけます。

著者プロフィール

小林敬子(こばやし けいこ)

現在、日本女子体育大学体育学部教授。1948年福岡生まれ。九州大学理学部数学科修士課程修了。
著書:『基礎統計学』(学術出版社)、『多変量解析実例ハンドブック』(朝倉書店』、『和布歌―こどもの語感を育む日本人の心の童謡』(学事出版)


松原望(まつばら のぞむ)

現在、上智大学外国語学部教授。1942年東京生まれ。東京大学教養学部卒業、統計数理研究所入所、スタンフォード大学大学院博士課程修了。筑波大学社会工学系助教授、エール大学政治学部客員研究員、東京大学教養学部教授、東京大学大学院総合文化研究科教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て、2004年から現職。
著書:『計量社会科学』(東京大学出版会)、『わかりやすい統計学』(丸善)、『意思決定の基礎』(朝倉書店)、『社会を読みとく数理トレーニング』(東京大学出版会)、『入門確率過程』(東京図書)ほか

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ