書籍詳細

ピタゴラス数を生み出す行列のはなし

ピタゴラス数を生み出す行列のはなし
著者名
小林吹代
ISBN
978-4-86064-197-9
ページ数
264ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,200円 (本体2,000円+税10%)
発売日
2008年07月16日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

ピタゴラス数が出てくる公式は、数学の世界ではよく知られていますが、ある3つの行列を用いてピタゴラス数がどんどん生じ、しかも全て網羅されるということはあまり知られていません。本書では、この3つの行列からどのようにしてピタゴラス数が生まれてくるのか、そのタネに迫ります。数学の研究が意外なところでピタゴラス数につながることにも言及し、さらに120度のピタゴラス数を生み出す5つの行列についても語っていきます。

著者プロフィール

小林 吹代(こばやし ふきよ)

1954年、福井県生まれ。
1979年、名古屋大学大学院理学研究科博士課程(前期課程)修了。
現在、福井県内の高等学校に勤務。
2001年4月よりウェブサイト「12さんすう34数学5Go!」開設。
著書に、『大人の算数子どもの数学』『見えてくる数学』(すばる舎)、
『これ以上やさしく書けない微分・積分』(PHP研究所)がある。
【URL】http://www3.ocn.ne.jp/~fukiyo/math.html

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ