書籍詳細

DNAの構造とはたらき ―DNA図書館へようこそ
「ヒトのDNA」を「図書館の本」に例えて、DNAの知識を豊富なイラストで楽しく解説。

DNAの構造とはたらき ―DNA図書館へようこそ
著者名
羽馬有紗
ISBN
978-4-86064-241-9
ページ数
118ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,512円 (本体1,400円+税8%)
発売日
2009年12月25日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

こちらは、DNA図書館。ちょっと不思議な図書館です。生き物の細胞1つ1つの中に存在するミクロの世界のもので、100分の1ミリメートルほどしかありません。人の細胞は大人でだいたい60兆個。つまり、60兆個のDNA図書館を一人の人がその体の中に持っていることになります。このDNA図書館はどのような構造で、どのような働きをするのでしょうか。読者のみなさんと一緒に覗いてみたいと思います。

著者コメント

(「まえがき」より)

本書ではDNAを図書館の本に例えて、私が昔からDNAに持っていた興味―

・ DNAは何をするのか?
・「DNAは暗号」だと言われるけれども、それはどういうことか?

といった初歩的な疑問に答える本になっていると思います。
 この本で説明しているDNAやそれを使った生命活動は、生きものすべてに共通のこともあれば、種類によって異なることもありますが、いずれにせよ“人”のDNAに焦点をあてて説明しています。
 DNA図書館にうっかり迷い込んだような気分で読んでいただけたらと思います。ちょっとややこしい部分もあるかもしれませんが、冒頭の絵本、挿絵が理解の助けになってくれると期待しています。

 それではDNA図書館、お楽しみください。

著者プロフィール

羽馬有紗(はばありさ):文・絵
1979年生まれ、大阪出身のイラストレーター。
北海道大学理学部物理学科卒業。
東京大学大学院理学系研究科天文学専攻修士課程修了。
著書に『ブラックホールの科学』(ベレ出版)、
『エレンの宇宙』(技術評論社)。
2009年4月よりオランダ在住。
バックパックの一人旅を絵本にした旅行記を自作するのが趣味。
「毎日オエカキ新聞」http://my.opera.com/HABAAlisa/blog


前田龍一郎(まえだりゅういちろう):監修
1952年生まれ、東京、目黒出身。
東京大学大学院理学系研究科博士課程中退(動物学専攻)。
医学博士(東京大学)。
1999年より帯広畜産大学准教授、
2001年より同大学教授(獣医学課程 基礎獣医学部門)。
現在は、帯広畜産大学副学長(学部教育部長)。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ