書籍詳細

イタリア語で手帳をつけてみる
毎日、そして何度も開く手帳にイタリア語で書き込むことで、自然に楽しく伊語力がつけられます。

イタリア語で手帳をつけてみる
著者名
張あさ子
ISBN
978-4-86064-277-8
ページ数
240ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,512円 (本体1,400円+税8%)
発売日
2010年12月22日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ増刷中

内容紹介

イタリア語をまだほんの少ししか知らない方から中級レベルの方まで、楽しく、自然にイタリア語の勉強がはじめられる、『英語で手帳をつけてみる』のイタリア語版です。手帳に書き込みそうな基本単語から、イタリア文化にちなんだ単語、表現、そしてほんとに短いひとこと日記として使える表現までを紹介していきます。今の手帳に少しずつイタリア語を混ぜる感覚で始められる一冊です。

著者コメント

(「はじめに」より)

 みなさんは、ご自分の手帳をどのように活用していますか? 毎日のスケジュール管理やメモ、備忘録として、手帳は私たちの生活に密着していますね。自分の感じたこと、考えたことをこまめにメモし、読み返したときに日記や見聞録のような使い方をしている人もいるかもしれません。手帳は自分の世界を広げてゆくための、身近で手軽なツールです。
 この本を手にしたみなさんは、きっとイタリア語やイタリア文化に興味がある人でしょう。そんなみなさんに提案ですが、思い切ってイタリア語で手帳をつけてみるのはいかがでしょうか? 案ずるより産むが易し。むずかしく構えることはありません。最初は、今の手帳に少しずつイタリア語を混ぜるつもりで、そしてだんだんと増やしていけば、イタリア語を使って考える習慣も自然に身につきます。
 日本語がペラペラなイタリア人の友人は、日本語を習得するために、生活のすべてを日本語で考える習慣をつけ、そのために、一年間、手帳を日本語でつけてみたそうです。そこまでどっぷりとは難しいかもしれませんが、手帳に書き込む瞬間に、イタリア語で考えてみる習慣をつけると、毎日少しずつイタリア語に触れることになりますね。ちりも積もれば山となる、継続は力なりです。手帳をつける行為はシンプルではありますが、イタリア語で書くことを意識して積み重ねれば、
きっと新しい世界が広がってくるのではないでしょうか?
 言葉はほんとうに不思議な力を持っています。イタリア語の美しさに魅せられているみなさん、ご自分の手帳に大好きなイタリア語を書き込み、新しい風を吹き込んでみましょう。

著者プロフィール

張あさ子(ちょう あさこ)

東京外国語大学イタリア語学科卒業。銀行、商社などの会社勤務を経て、現在はイタリア語講師、通訳、翻訳にたずさわる。訳書に「万能の天才 レオナルド・ダ・ヴィンチ」アレッサンドラ・フレゴレント(ランダムハウス講談社)。

この書籍とオススメの組み合わせ

英語で手帳をつけてみる
英語で手帳をつけてみる
「手帳」から英語の学習をはじめてみませんか?
フランス語で手帳をつけてみる
フランス語で手帳をつけてみる
毎日、そして何度も開く手帳にフランス語で書き込むことで、…
中国語で手帳をつけてみる
中国語で手帳をつけてみる
生活の中でよく使う単語や表現、仕事の予定などを書き込むこ…
韓国語で手帳をつけてみる
韓国語で手帳をつけてみる
手帳を韓国語学習ツールにしよう!

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ