書籍詳細

科学者たちはなにを考えてきたか
科学者たちを見つめれば、科学の歴史が見えてくる。

科学者たちはなにを考えてきたか
著者名
小谷太郎
ISBN
978-4-86064-294-5
ページ数
192ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,620円 (本体1,500円+税8%)
発売日
2011年08月18日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

さかのぼること2000年。古代ギリシャの時代から、現在に至るまで、科学と科学者はどのような物語をつむいできたのでしょうか。それぞれの時代にさまざまなことが考えられ、パラダイムを形成し、失敗を繰り返しながらも連綿と続いてきた「科学のストーリー」は、時に甘美で時に苦しく、現代に生きる私たちを惹きつけます。「生物学者としてのアリストテレス」など、意外(?)なことを知ることも本書の魅力の一つです。

著者コメント

(「はじめに」より)

 本書は、歴史に燦然と輝く大科学者の中から何人かを選び、その科学者が真理にいたる道のりを紹介し、さらに成果そのものを説明するものです。
 科学者の伝記というと、科学者の子どもの頃のエピソードは熱心に蒐集するものの、その科学はなおざりにすませるものが目につきます。本書ではなるべく正確にその成果を解説するべく努めました。
 科学に何ができるのか、科学はどういう役割をもつものか、そういう科学への認識や科学思想は時代とともに変化します。そもそも私たちの知っている科学が誕生したのはここ400年以内のことです。なので、ここ数百年の科学者とその成果をピックアップすれば、そういう科学思想の変化を概観できることになります。
 人類の科学への認識がどのように変化していったか追いつつ、ついでに科学者の人間的エピソードも楽しんでいただければ幸いです。

著者プロフィール

小谷 太郎(こたに たろう)

1967年生まれ。
東京大学理学部物理学科卒。理学博士。理研、NASAゴダード宇宙飛行センターなどを経て現在早稲田大学研究院講師。
著書に『「元素」のスゴい話 アブない話』(青春出版社)『宇宙の謎が手に取るようにわかる本』(中経文庫)、『図解雑学 単位と定数のはなし』(ナツメ社)など多数。

この書籍とオススメの組み合わせ

数学者たちはなにを考えてきたか
数学者たちはなにを考えてきたか
古代から現代、西洋から東洋までそれぞれの数学者たちの思考…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ