書籍詳細

観察する目が変わる植物学入門
観察するポイントを理解すれば、植物の世界はもっと広がる!

観察する目が変わる植物学入門
著者名
矢野興一
ISBN
978-4-86064-319-5
ページ数
224ページ
サイズ
A5並製
価格
定価1,836円 (本体1,700円+税8%)
発売日
2012年05月16日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

私たちの身のまわりには、たくさんの植物がありますが、ふだんよく目にする植物でも、意外と知らないことばかりです。図鑑やハンドブックを見れば、名前は調べられます。しかし、数多くある植物の名前を覚えることより、観察する際にどこを見れば良いのか、そのポイントを理解するほうが、植物の生活や生きていくうえでの知恵がわかり、植物への興味が深まります。本書を片手に、実際に植物を手にとって見てみましょう。

著者プロフィール

矢野 興一(やの おきひと)

1981年、神奈川県出身。
現在、東京大学総合研究博物館特任研究員。
東京学芸大学、文教大学非常勤講師も務める。
岡山理科大学大学院総合情報研究科博士課程(後期)修了、博士(学術)。
専門は高等植物に関する系統進化・分類学。
ヒマラヤから中国、日本で多様化した植物について、外部形態・染色体・DNA分析を用いた系統進化・分類学的研究を進めている。

この書籍とオススメの組み合わせ

観察する目が変わる昆虫学入門
観察する目が変わる昆虫学入門
身のまわりの昆虫を「観る」のが楽しくなる一冊!
観察する目が変わる動物学入門
観察する目が変わる動物学入門
観察する際のポイントを通して動物学の基礎を学ぶ
植物の形には意味がある
植物の形には意味がある
植物が進化の過程で手に入れてきた様々な形の意味とは?
観察する目が変わる 水辺の生物学入門
観察する目が変わる 水辺の生物学入門
水辺とそこに生きる生物を知るための一冊

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ