書籍詳細

英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現 CD BOOK 
様々なテーマについて英語で意見や考えを述べるための語彙・表現が満載!

英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現 CD BOOK 
売れてます! 
著者名
植田一三上田敏子
ISBN
978-4-86064-347-8
ページ数
368ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,420円 (本体2,200円+税10%)
発売日
2013年02月21日発売
CD枚数
1枚
収録時間
63:04
収録内容
掲げられたテーマとそれに対する意見(賛成、反対など)の英文。CDトラックナンバーのマークの付いたテーマのみ)
その他の重要例文集はこのHPより音声データとしてダウンロード可能です。以下編集コメントを参照してください。

ショッピングカートに入れる

内容紹介

社会問題(経済・科学技術・政治・国際関係・環境・教育・医療・結婚・家庭・メディア・レジャー)について英語で意見・考えを述べたいときの語彙や表現がコンパクトに学べます。また社会問題を論理的に発信する際の、キーアイディアの立て方、サポートの仕方やリサーチの仕方が学べます。外国人と社会問題について討論する機会のある社会人、英検1級、準1級、TOEFL、IELTS、通訳ガイドの受験者に特に効果的な一冊です。

「その他の重要例文集」の音声はこちら
https://www.beret.co.jp/statics/book472mp3.html
(各章を右クリックで「対象をファイルに保存」を選択して、任意の場所に保存してください)

著者コメント

(「プロローグ」より)

皆さんお元気ですか。英語の勉強はいかがですか。前著『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』が出版されてから早9 年がたちました。前著は、非常にハイレベルな英語教育書にもかかわらず、おかげさまでベストセラーとなり、各界から大きな反響を頂きました。このことは、国際社会において、単なる日常英会話ではなく、論理的な英語の発信がますます重要になっていることを物語っていると言えます。
 その第2 弾である本書『CD BOOK 英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』は、前作をバージョンUP し、社会問題を発信するための重要な例文集や表現集、サポートや反論のさばき方など討論やスピーチ、エッセイライティングの技術をふんだんに盛り込んだ渾身の一冊になっています。本書をうまく活用すれば、皆さんの社会問題を英語で討論する力が数段UP すると確信しています。
 さて、本書の構成と活用法ですが、まず各章の「○○問題の最重要トピックはこれだ!」で、分野別によく討論されるトピックの図と、英検1 級・準1 級、国連英検特A 級・A 級、TOEFL iBT、IELTS など各種資格試験で頻出のトピックやランキングを紹介しますので、日頃から関連する英字誌や日英のニュースを見て、知識をインプットし、自分の意見を発信する準備をしておきましょう。
 次の「○○問題を英語で討論するためのアーギュメント& 表現力UP」では、討論・エッセイライティングの核となる(エッセイでは各段落のTopic Sentence となる)非常に密度の濃い重要例文を斬れる英語で満載しています。これは付属のCD に音声が収録されていますのでシャドウイングやリプロダクションをして、いつでも意見を発信できるようにしておきましょう。また、このCD音声は、リスニング力を飛躍的にUPさせるために、意識的に速いスピードで読まれていますので、発信・受信双方を同時に鍛えることができますそして、重要例文の直後には予測される関連質問( Q1 、 Q2 、 Q3 …)(①反対尋問crossexamination②反論counter-argument の2 種類があります)を載せましたので、自分で回答や反論のさばき方を考えてから、後の解説を見てください。これは、実際の面接試験や討論でよく問われるものなので、試験対策としても役立つでしょう。
 続く「強いアーギュメントをするためのロジカル・シンキング力UP!」では、キー例文をサポートする具体的なデータや解説、また効果的な反論のさばき方を掲載していますので、incisive argument(斬れるアーギュメント)の作り方を会得していただきたいと思います。また、キー例文を裏付けるサポートを自分で考えてみることも、アーギュメント力を鍛えるために重要なトレーニングですので、ぜひ実践してみてください。また、最新情報をリサーチする際に必須の「○○問題を討論するための最重要サイトTOP10」(章末)や各トピックの争点を概観するのに役立つ「社会問題を何でも英語で討論するための分野別最重要英字記事」(巻末)を紹介しますので、参照してください。
 本書の特長の一つである、「社会問題を英語で討論するためのテクニック」として、「因果関係」の表し方など13 の技術を紹介していますので、意識的に用いて英語の論理的発信力をUP していきましょう。また、「Borderless Englishで言うとこうなる!」では本書の基調となる引き締まった達意の英文を、世界のノン・ネイティブとコミュニケーションできるように、いかに平易な語彙と構文を駆使して言い換えるかのツボを伝授しています。
 その他にも、トピックごとに挿入した「○○問題を討論するための表現力UP!」や章末の「○○問題を発信するための必須表現クイズにチャレンジ」では、討論でよく使われる分野別表現を厳選していますので、繰り返し音読していつでも発信できるようにしておきましょう。また、随所に挿入した「○○問題を発信するための背景知識力UP!」では、関連情報をふんだんに紹介していますので、知的な会話のネタに大いに活用してください。
 最後に、2 年にわたる本書の制作にあたり、惜しみない努力をしてくれたアクエアリーズスタッフの後藤堯啓氏(第1 章)、小島優香氏(第2 章)、長谷川幸男氏(第3 章)、米岡エリ氏(第6 章)、川守田弥生氏(第8 章)、八田直美氏(第9 章)、田中秀樹氏(校正)、および、本書執筆の母体となった参考文献の著書の方々には、心から感謝の意を表したいと思います。それから何よりも、われわれの努力の結晶である著書をいつも愛読してくださる読者の皆さんには、心からお礼を申し上げます。それでは皆さん、明日に向かって英えい悟ご の道を、Let’s enjoy the process!(陽は必ず昇る!)Thank you!
植田一三&上田敏子

著者プロフィール

植田 一三(うえだ いちぞう)
英語のプロ・達人養成教育機関、Aquaries School of communication学長。
映画英語・翻訳研究会、時事英語研究学会、通訳ガイド日本文化研究会主宰。
ノースウェスタン大学院・テキサス大学院(コミュニケーション学部)修了後、同大学で異文化間コミュニケーション、パブリックスピーキングを指導。英語の百科事典を10回以上読破し、辞書数十冊を制覇し、洋画100本以上の全せりふをディクテーションするという「超人的」努力を果たす。Lets enjoy the process!(陽は必ず昇る!)をモットーに、過去30年の教歴において、英検1級合格者を1500人以上、TOEIC満点突破者を90人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC980点)突破者を200名以上、ハーバード大学、スタンフォード大学、UCバークレー、ロンドン大学などをはじめとする英米一流大学院合格者を80名以上育てる。過去25年以上の著述歴において、に、『発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング』『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』(ベレ出版)」、『英検1級100時間大特訓』『英検準1級100時間大特訓』(ベレ出版)『TOEIC TEST これ一冊で990点満点』(明日香出版社)、『英語で説明する日本の文化』(語研)、『Global Dynamics 世界情勢を英語で読む』(CENGAGE Learning)などのベストセラーがあり、出版した著書(総計100万部突破)の10冊以上はアジア5か国で翻訳されている。


上田敏子(うえだ としこ)

英語のプロ・達人養成教育研究機関 Aquaries School of communication、同志社大学、大阪女学院で、英検1級一次二次・国連英検特A級・TOEIC満点突破&900点突破・TOEFL iBT・通訳案内士などの対策講座を指導。アクエアリーズ出版部代表。同志社大学卒、英国バーミンガム大学院修士課程(翻訳学)修了。英検1級TOEIC満点、工業英検1級(文部科学大臣賞受賞)、国連英検特A級(2次試験満点)、通訳案内士、ミシガン工業英検1級、JTFほんやく検定日英2級、観光英検1級(優秀賞)取得。主な著書に『世界の歴史の知識と英語を身につける』『スーパーレベルパーフェクト英文法』(ベレ出版)、『英語で説明する日本の文化』『英語で説明する日本の文化 必須表現グループ100』『英語で説明する日本の観光名所 100選』(語研)、『Global Dynamics 世界情勢を英語で読む』(CENGAGE Learning)などがある。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ