書籍詳細

学んでみると素粒子の世界はおもしろい
人気テーマ素粒子を「やさしく」「丁寧に」解説。

学んでみると素粒子の世界はおもしろい
著者名
陣内修
ISBN
978-4-86064-374-4
ページ数
296ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2013年11月22日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

ヒッグス粒子の発見、日本人素粒子物理学者のノーベル賞受賞など、素粒子に関するニュースはたびたび話題になります。みんなが注目する素粒子。でも、「素粒子って何者?」と聞かれると、ちょっと困ってしまいます。素粒子よりも小さな粒子はないのか。素粒子についてどのくらいわかっているのか。小さな素粒子を調べることで、なぜ大きな宇宙のことがわかるのか。イメージすることが難しい素粒子の世界を、たとえ話をまじえて丁寧に解説します。

著者プロフィール

陣内 修(じんのうち おさむ)
東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻 准教授。
博士(理学)。
1972年生まれ。東京大学大学院博士課程修了後、高エネルギー加速器研究機構などを経て現職。
専門は高エネルギー素粒子実験。
監訳を担当したものに『ヒッグス粒子を追え』(ダイヤモンド社)がある。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ