書籍詳細

「地球システム」を科学する
トータルな見方で地球のことを「まるごと」考えてみませんか?

「地球システム」を科学する
著者名
伊勢武史
ISBN
978-4-86064-376-8
ページ数
264ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,836円 (本体1,700円+税8%)
発売日
2013年12月19日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

地球を構成する水圏や大気圏、地圏、生物圏。これらは、それぞれ別々の学問で研究されてきましたが、これらをひとつのシステムとして考える、地球システム科学が最近注目されています。地球をひとつのシステムと考えると、地球温暖化やスノーボールアースといった気候変動や、生命の誕生・進化や地球外生命体といった生物学の謎をひも解くヒントが見えてきます! 学問の壁を取り払い、新しい視点で地球を見てみましょう。

著者プロフィール

伊勢武史(いせ たけし)

1972年生まれ。兵庫県立大学シュミレーション学研究科 シュミレーション学専攻 准教授。2014年より京都大学フィールド科学教育研究センター准教授に着任予定。専門は、陸域生体系のシュミレーションモデリング。ハーバード大学大学院 進化・個体生物学部修了(Ph.D.)。独立行政法人 海洋研究開発機構 特任研究員を経て、2011年より現職。
著書に“Forest Canopies”(共著、NOVA)、“Climate Change and Variability”(共著、SCIYO)、『学んでみると生態学はおもしろい』(ベレ出版)がある。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ