書籍詳細

しっかり学ぶ中級ドイツ語文法 CD BOOK
ドイツ語文法の中級レベルに必要とされる様々な文パターンをしっかり身につけます

しっかり学ぶ中級ドイツ語文法 CD BOOK
著者名
宍戸里佳
ISBN
978-4-86064-389-8
ページ数
376ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,484円 (本体2,300円+税8%)
発売日
2014年03月13日発売
CD枚数
1枚
収録時間
71:15
収録内容
基本パターン/応用パターンの全ての例文をドイツ語ので収録。

ショッピングカートに入れる

内容紹介

ドイツ語が読めるようになり、基礎文法がひととおり身についたら中級です。中級で学ぶことは、一言でいえばさまざまな文パターンを増やしていくことです。その内容は、初級文法で必須のパターンから、中級文法でぜひ会得してもらいたいパターン、まだ難しいかもしれないが今のうちに知ってほしいパターンまで、多岐にわたります。本書では初歩的な文法の復習を随時取り入れ、中級文法の橋渡しをしやすいようにしてあります。文法のエッセンスがつまった基本パターンと応用パターンの例文をCDに全て収録しています。解説を読んで理解し、そして正しい音を聞いて脳に定着させてください。

著者コメント

(「まえがき」)より

 初級文法と中級文法の根本的な違いは、どこにあるでしょうか? 単語でしょうか? それとも、文法の知識でしょうか?
 本書ではこれを、「いかに多くの文パターンを知っているか」であると考え、さまざまな文パターンに意識的に触れることを目指しました。その内容は、初級文法で必須のパターンから、中級文法でぜひ会得してもらいたいパターン、まだ難しいかもしれないが今のうちに知っておいてほしいパターンまで、多岐にわたります。
 
 本書では初歩的な文法事項は極力省き、「3合目」あたりから始めています。具体的には、「現在形の作りかた」「格変化とは何か」「名詞の複数形」などの項目を、説明不要な事項として扱っています。その一方で、初級文法の復習を随時取り入れ、中級文法への橋渡しをしやすいようにしてあります。
 そのため、ドイツ語の初級文法を一通り学習している人に最適ではありますが、一度学んで忘れてしまった人でも、最低限、「ドイツ語は動詞の形がいろいろ変化したなあ」「冠詞を覚えるのが面倒くさかったっけ」「動詞の位置が英語と全然違ったよね」ぐらいの思い出(?)が残っていれば、読んでいて思い出せる(=再度覚え直せる)ように編んであります。
 また、冠詞や代名詞、形容詞の格変化など、一般の文法書では一覧表を出して終わり、というような項目でも、読んで理解できるよう説明を尽くし、知識の定着を図れるようにしてあるので、一から学習し直す人にも、初級文法をやり直さずに先へ進みたい人にもお薦めです。
 
 ぜひたくさんの文例に触れて、ドイツ語の語感を磨いていってください!

著者プロフィール

宍戸里佳(ししど りか)
桐朋学園大学にて音楽学を専攻したのち、ドイツのマインツ大学にて音楽学の博士課程を修了。現在、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師(楽式を担当)および昴教育研究所講師(ドイツ語を担当)。著書に『大学1・2年生のためのすぐわかるドイツ語』および『大学1・2年生のためのすぐわかるドイツ語 読解編』(東京図書)、訳書に『楽器の絵本』シリーズ(カワイ出版)がある。

ドイツ滞在は、幼少期の5年半(1970年代)、思春期の4年間(1980年代)、留学中の6年半(1990年代)の計16年。現地の幼稚園および小学校(1年次のみ)に通ったが、その後は大学卒業まで日本語で教育を受け、ドイツ語は大学で学び直した。

英語は(ドイツ滞在中の)中学1年から始め、学校教育のみ。ドイツ留学中は全く使わず、帰国後(2001年)に一からやり直した。ドイツ語で培った語感が大いに役立ち、2002年に英検1級、2003年にTOEIC975点を取得。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ