書籍詳細

気象災害を科学する
過去に発生した気象災害を事例に、そのメカニズムから身の守り方までを解説

気象災害を科学する
著者名
三隅良平
ISBN
978-4-86064-394-2
ページ数
272ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2014年05月22日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

「これまでに経験したことのないような大雨」、「近年にない大雪」、「観測史上最大規模の台風」「甚大な被害をもたらす河川の氾濫や土砂災害」……。科学技術が発展した現在でも、気象災害で亡くなる方が後を絶ちません。本書では、日本で発生した気象災害の事例をふまえて、激しい気象や気象災害はどういうメカニズムで発生するのか、予測はどこまでできるのかを解説。命を守るために私たちがするべきこと・考えておくべきことも紹介します。

著者プロフィール

三隅良平(みすみ りょうへい)
1964年福島県生まれ。
防災科学技術研究所 観測予測研究領域 水・土砂防災研究ユニット 副ユニット長 総括主任研究員。
筑波大学生命環境系教授(連携大学院)。名古屋大学大学院理学研究科 大気水圏科学専攻 博士後期課程 修了。
博士(理学)(名古屋大学)。科学技術庁防災科学技術研究所、文部科学省研究開発局開発企画課などを経て、2013年5月より現職。専攻は気象学(雲物理学)で、災害を引き起こす激しい雨の発生機構や、降雪粒子のモデル化について研究している。趣味は天体観測(月面スケッチ)、水泳、相撲観測など。

この書籍とオススメの組み合わせ

雲の中では何が起こっているのか
雲の中では何が起こっているのか
雲ができる仕組みから気候変動との関わりまで、その魅力を余…
異常気象と気候変動についてわかっていることいないこと
異常気象と気候変動についてわかっていることいないこと
地球規模に視野を広げ、気象のしくみと最新の研究を紹介

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ