書籍詳細

心をなごませる感じのよい英会話 CD BOOK
ちょっとした一言を添えたり表現を工夫することで、英語でのコミュニケーションがより円滑に。

心をなごませる感じのよい英会話 CD BOOK
著者名
原島一男
ISBN
978-4-86064-441-3
ページ数
184ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2015年07月16日発売
CD枚数
1枚
収録時間
68:36
収録内容
各タイトルNO.とダイアローグ部分の英語(日本語は収録されていません)

ショッピングカートに入れる

内容紹介

日本語でも感じのいい言い方があります。英会話でも相手をなごませる感じのいい表現がたくさんあります。「どうぞお先に」「おつかれさま」ありがとうございます」「おねがいできますか」などちょっとしたひと言を添えたり、表現を工夫することで相手にこちらの気持ちを伝えることができます。第1章、第2章は「心をなごませる感じの良い」フレーズ100を例文の中で紹介、第3章は場面別のダイアローグ、第4章は「映画で見つけたいいセリフ」の構成です。外国からのお客様にはちょっとだけ洗練した表現を使うことが一番のおもてなしです。

著者プロフィール

原島一男(はらしま かずお)
 映画「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーンの美しい英語に魅せられ、慶應義塾大学経済学部を卒業後、米国ボストン大学大学院コミュニケーション学科へ留学しました。帰国後、NHKへ入局し、1991年までの32年間、英語ニュース記者、英語番組チーフ・プロデューサーなどを務め定年退職、その後、山一電機株式会社へ入社、海外戦略を担当しました。現在は、ノンフィクション・ライターとして、英語・自動車・オーディオ関連の単行本や雑誌連載の執筆に専念中。日本ペンクラブ会員、日本記者クラブ会員、映画英語教育学会会員。

主な著書は「CD BOOK 単語で通じる英会話」「CD BOOK 店員さんの英会話ハンドブック」(ベレ出版)、「映画の中のちょっといい英語」(麗澤大学出版会)、「オードリーのように英語を話したい」(ジャパンタイムズ)など多数。「スーパー・アンカー和英辞典」(学習研究社)の編集にも協力しました。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ