書籍詳細

IT・デジタルワーカーのための英会話 MP3 CD-ROM付き
ネットワークの設定からウェブデザインまで、PC仕事に携わる人に役立つ英会話

IT・デジタルワーカーのための英会話 MP3 CD-ROM付き
著者名
長澤大輔
ISBN
978-4-86064-463-5
ページ数
280ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,052円 (本体1,900円+税8%)
発売日
2016年02月26日発売
CD枚数
MP3 CD-ROM
収録時間
4時間17分11秒
収録内容
ダイアローグ部分の音声/トレーニング用に編集したもの 2種類の音声を収録

ショッピングカートに入れる

内容紹介

パソコンを使った仕事の多いIT系企業に勤める方や、デザイン業務に携わっている方が英語を必要とすることが増えています。本書は、そんな方たちの日常的なシーンごとのダイアローグと文法説明、そして重要表現の紹介をはさみ、「文章の読み方」「聞き取り力も高める発声練習」「単語の覚え方」の3つのメソッドで英語力を身につけていきます。著者の実体験に基づいた現場で使うリアルな英語に触れながら、実際に仕事で英語を使いこなせる手ごたえがつかめるはず。トレーニング用音声ダウンロードサービス付き。

MP3 CD-ROMの取り込み方
https://www.beret.co.jp/books/dl/book603_CD-ROM_manual.pdf

著者コメント

(「はじめに」より)

 この本は、今は英語がやや苦手だが、将来は世界で活躍したいという夢を追うデジタルワーカーの方に読んでもらいたいと考えて企画しました。デジタルワーカーとは、デジタルの世界で創造的な仕事をしている人すべてを指します。デザイン業務に従事している方はもちろん、パソコンを使った仕事が多いIT 系企業に勤める方にもお役に立てる内容を目指して執筆しました。
 そもそも、私がどうしてこのような英語学習書を書こうと考えたのかは、私自身の実体験に基づいています。
 私は、「英会話」といったものをろくろく勉強しないまま、アメリカという国へのあこがれだけで、高校卒業後すぐに単身でアメリカの州立大学に留学しました。
 現在でこそ、英会話の教材も充実していますし、iPod やスマホがあれば、ネイティブが発音するさまざまな英会話教材アプリが有料、無料問わず簡単に手に入る時代ですが、私が過ごした高校時代('80 年代)は、ネイティブ発音を聞くには高額な「磁気テープ」の教材がかろうじて手に入るぐらいのものでした。高校生の私にはそんな教材を入手する余裕はまったくありません。なんとか学校の教科書などを利用し、できる範囲の英語の学習を続けて留学の準備を進めていきました。
 留学先の選定にあたり、日本人の留学生が少ないかなどの学習環境を考慮して選ぶ余裕はなく、とにかく一番学費が安い、そして学びたかった国際関係の学科が充実している、という条件で選びました。アメリカの大学に入学できる条件となるTOEFL の得点は、リスニングの弱さを、かろうじて文法やリーディングの得点でカバーできたことで、なんとか入学基準点を超えました。
 しかし、リスニングやスピーキングがまったくできないまま本場アメリカに留学してしまったことで、授業はもちろん、日常生活でも苦労が絶えない毎日でした。そんな中、試行錯誤を繰り返しながら、本書で紹介する「3 つのメソッド」を組み合わせた、英会話力向上のための学習体系を確立していったのです。
 やがて、無事に留学生活を終えて就職してからも、幸いに世界中のクリエイターやIT 企業と交流をもつ機会ができ、さまざまなビジネスシーンで英語を使うチャンスにも恵まれました。そんな実践の場においても、この「3 つのメソッド」が英語をマスターするために有効な方法論であることに確信を持ちました。
 「3 つのメソッド」とは「文章の読み方」「聞き取り力も高める発声練習」「単語の覚え方」というシンプルな構成からできています。序章で詳細に解説していきますが、学生から社会人まで誰にでも簡単に実践できる方法です。
 この本で英語を学習すれば、「3 つのメソッド」を身につけられるという効果が得られるのみならず、私自身の実体験に基づいた「デジタルワーカーが仕事の現場で使う“ナマ”の英語」に触れることができます。各レッスンで学習を深めていくうちに、実際に仕事の現場で英語を使いこなせる手応えを徐々に掴んでいっていただけることでしょう。そして、かつて著者がそうであったように、英語を勉強する前の自分と比べて、格段に味わい深い人生へと、読者のみなさんが自分自身を導いていかれることを願ってやみません。
 最後に、本書を執筆するにあたって多大なアドバイスをいただき、また本書コラム執筆の際アイデアを引用させていただいた高島康司先生、本書のイラストを描いてくれた妻の知美、そして、英文の共著作者として協力していただいたジョン・レイナーさん、そしてネイティブチェックや英文の音声版のアフレコなどで協力してくれた株式会社A&S のスタッフ全員に感謝の意を表します。

著者プロフィール

長澤大輔(ながさわ だいすけ)

(株)A&S 代表取締役。米国ワイオミング州立大学卒。筑波大学大学院 国際MBA修了。デジタルハリウッド主幹講師。
高校卒業後、単身、アメリカ留学し、受験英語とは違う生の英語を習得した経験を活かし「誰でも英語が読み、書き、話せる」独自の教授法は初心者に人気。

ジョン レイナー

1999年より、公立中学高校、英会話学校ベルリッツでの英語教師を経て2005年に株式会社EnglishOKを設立。現在も、独自の英語教授法でコンサルタントとして活躍中。
著書のポケット英語シリーズ『ポケット英語 ホテルサービス英語』『レストランサービス英語』(いずれもオータパブリケイションズ社)は重版を重ねる。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ