書籍詳細

植物の形には意味がある
植物が進化の過程で手に入れてきた様々な形の意味とは?

植物の形には意味がある
著者名
園池公毅
ISBN
978-4-86064-470-3
ページ数
296ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2016年04月22日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

タンポポのように茎が短く地面を這うように生えるもの。玉サボテンのようにトゲがあり球体のもの。水草であるキクモのように水中と水上で葉の形が異なるもの。植物と一口に言っても、さまざまな形のものがあります。葉や花はもちろん、茎や幹、根、果実、種子、花粉、細胞など、その形は千差万別です。これらは植物が生きてきたなかで手に入れた形なのです。本書は、形から植物の生きるメカニズムを探り、ほかの生物との関係性や進化についても考えます。

著者プロフィール

園池公毅(そのいけ きんたけ)
1961年生まれ。
早稲田大学 教育学部 理学科 教授。
東京大学 理学系研究科修了(理学博士)。
東京大学 新領域創成科学研究科 准教授などを経て現職。
専門は植物生理学。
主な著書に『光合成とはなにか』(講談社ブルーバックス)、
『トコトンやさしい光合成の本』(日刊工業新聞社)など。

この書籍とオススメの組み合わせ

観察する目が変わる植物学入門
観察する目が変わる植物学入門
観察するポイントを理解すれば、植物の世界はもっと広がる!
植物の体の中では何が起こっているのか
植物の体の中では何が起こっているのか
意外に知らない植物の「生きる仕組み」をわかりやすく紹介

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ