書籍詳細

意味がわかる経済学
現実の経済のしくみがきちんと理解できる

意味がわかる経済学
著者名
南英世
ISBN
978-4-86064-509-0
ページ数
336ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2017年05月12日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

経済学の理論や数字を聞いても、それが何を意味するのか、そもそも何のための理論なのかがよくわからないという経験はありませんか? 本書は理論や数字の意味をしっかり理解できるよう、実際の経済状況や経済政策と結びつけて丁寧にわかりやすく解説した経済学の入門書です。経済学をめぐる歴史から、ミクロ・マクロ経済学、財政、金融、社会保障、そして国際経済まで、大学の教養レベルまでの知識を凝縮しています。金融緩和、財政赤字、格差、年金などの問題や決算書の見方・格付けについても扱っていますので、経済理論のみならず毎日の経済ニュースも本質から理解できるようになる一冊です。

著者プロフィール

南 英世(みなみ ひでよ)

1951年石川県生まれ。1974年金沢大学法文学部経済学科卒業。その後、金沢大学経済学部助手、都市科学研究所研究員を経て1983年大阪府立高校教諭・指導教諭(社会科)。泉鳥取高校、三国丘高校、岸和田高校、東大谷高校、天王寺高校、大阪教育大学附属高校(池田校舎)で教鞭をとる。
著書に、高等学校用教科書『政治・経済』『現代社会』『社会と情報』(以上、共著 第一学習社)、『授業に役立つ公民・現代社会100話 上・下』(共著 あゆみ出版)、その他『政治・経済資料集』『現代社会資料集』『政治・経済指導書』『現代社会指導書』『小論文の書き方』『国語便覧』など多数。
ホームページ
http://homepage1.canvas.ne.jp/minamihideyo/

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ