書籍詳細

「電波と光」のことが一冊でまるごとわかる
いちばんわかりやすい電磁気学入門

「電波と光」のことが一冊でまるごとわかる
著者名
井上伸雄
ISBN
978-4-86064-549-6
ページ数
256ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2018年06月12日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

いまの世の中は「電波」で成り立っているといっても過言ではありません。ラジオ、テレビ、携帯電話、Wi-fi、Bluetoothなど、あらゆる場面で電波は欠かせないものとなっています。電波と同じく電磁波の一種である「光」についても同様です。照明としての光だけでなく、その特性を生かした活用がされており、フォトニクスとよばれる光工学として、光通信や光半導体、光デバイスなど、実用化が進められている技術が多く、非常に注目されています。本書はこれら最先端技術を支えている「電波と光」の最も基本的な知識を読みやすく、わかりやすくまとめ、その先の技術を見据えていくことを目指した一冊です。

著者プロフィール

井上伸雄(いのうえ のぶお)

1936年福岡市生まれ。1959年名古屋大学工学部電気工学科卒業。同年日本電信電話公社(現NTT)入社。電気通信研究所にてデジタル伝送、デジタルネットワークの研究開発に従事。1989年多摩大学教授。同大学名誉教授。工学博士。

この書籍とオススメの組み合わせ

情報通信技術はどのように発達してきたのか
情報通信技術はどのように発達してきたのか
「腕木通信」から「光通信」まで、情報通信の歴史とそのしく…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ