書籍詳細

単位がわかると物理がわかる
様々な単位の成り立ちと仕組みを通して

単位がわかると物理がわかる
著者名
和田純夫大上雅史根本和昭
ISBN
978-4-86064-013-2
ページ数
208ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
発売日
2002年12月25日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

単位の意味を考えることによって、複雑に見える物理の原理がスッキリと理解できるようになります。現在主流になっているSI単位系は一貫性を重視して作られたものであり、単位の組立を考えることによって公式などを暗記しなくても“物理量”の性質を確認できるのです。そして話しは素粒子物理学などでよく使われる『自然単位系』へとつながっていきます。

著者プロフィール

和田純夫(わだ すみお)
1949年生まれ
東京大学理学系大学院卒
現在、東京大学総合文化研究科専任講師
専門は素粒子論、量子論、科学論
著書:『物理論議のききどころ(全6巻)』(岩波書店)、『現代物理の世界がわかる』(ベレ出版)他

大上雅史(おおがみ まさし)
1967年生まれ
東京大学理学系大学院卒
現在、大学受験塾講師
専門は重力理論、量子論
理学博士

根本和昭(ねもと かずあき)
1955年生まれ
東京理科大学理学部応用物理学科卒
現在、茨城県立日立第一高等学校教諭
「量」を重視した物理教育を実践
http://www005.upp.so-net.ne.jp/rainbow-room/

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ