書籍詳細

はじめて読む 数学の歴史
数学の歴史の入り口をわかりやすく解説

はじめて読む 数学の歴史
著者名
上垣渉
ISBN
978-4-86064-110-8
ページ数
352ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,980円 (本体1,800円+税10%)
発売日
2006年01月25日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

この一冊を通読することで、数学がどのように生まれ、どのように発展してきたのかがわかります。第Ⅰ部は「古代の数学」としてエジプト、メソポタミアの地で蓄積されたオリエントの数学を説き起こし、古代ギリシアの数学を中心にまとめ、第Ⅱ部では「中世の数学」としてインド、アラビア、中国、日本、中世ヨーロッパの数学を、そして第Ⅲ部では「近代の数学」として記号代数学の成立から微積分法の発見までを解説しています。

著者プロフィール

上垣 渉(うえがき わたる)
1948年 兵庫県生まれ
1972年 東京学芸大学大学院修士課程修了
    三重大学教育学部教授

著書『算数・数学授業を楽しくする数学史の話』(正・続)明治図書
  『ギリシア数学のあけぼの』日本評論社
  『数とその歴史53話』三省堂
  『アルキメデスを読む』日本評論社

この書籍とオススメの組み合わせ

数学者たちはなにを考えてきたか
数学者たちはなにを考えてきたか
古代から現代、西洋から東洋までそれぞれの数学者たちの思考…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ