書籍詳細

深海の科学―地球最後のフロンティア
未知なる世界である深海を、科学の目でとらえていく

深海の科学―地球最後のフロンティア
著者名
瀧澤美奈子
ISBN
978-4-86064-191-7
ページ数
240ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,870円 (本体1,700円+税10%)
発売日
2008年05月22日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

人類史上、とても近くて遠い存在である深海。「深海」という言葉には明確な定義はありませんが、生物学者はほとんど光の届かなくなる200m以深をそう呼んでいます。そうなると、地球上の7割を占める海の9割が深海と言えるのです。「しんかい6500」に搭乗した経験のある著者が、生物学、物理学、化学、地学の垣根を越えて、深海の科学を語ります。

著者コメント

(「はじめに」より)

…水深1260メートルの海底で、「しんかい6500」のスポットライトの前に浮かび上がったのは、地上とはまるでつながりのない、バラエティーに富んだ無数の動物たちが、生き生きと泳ぐ姿だった。私は圧倒され、慣れ親しんだ地球を離れた、どこか遠くの星の繁栄を見ているような気持ちがした。海は宇宙を内包している。…

…私はどうにかして、水中で感じた興奮と畏敬の念を一人でも多くの人に伝えられないかと思い続けてきた。人々と海とのつながりや、深海に科学的好奇心を掻き立
てられ、未知の世界に挑戦した研究者たちの姿を捉えることができないだろうか。それと同時に、海が湛える自然美を、精緻に描くことはできないだろうか。たとえば、海の近くを訪れる人が旅行カバンの中にしのばせて休暇を楽しめるような科学読み物ができないだろうか。

そして、多くの方々のご協力をいただき、この本が完成した。本書は海の基礎的な科学を解説しながら、ところどころに研究者たちにインタビューした内容をはさんでいる。深海という若々しい科学に挑戦する研究者の方々はみな情熱的で、素晴らしい体験を語ってくれた。…

著者プロフィール

瀧澤 美奈子(たきざわ みなこ)

1972年長野県生まれ。東京理科大学理工学部物理学科卒業後、お茶の水女子大学理学研究科物理学専攻修了・修士。一般企業を経て科学ジャーナリストに。科学の面白さを豊かな文化として多くの人が享受できる方法を模索している。著書に『科学のニュースが面白いほどわかる本』(中経出版)、『図解「物理」は図で考えると面白い』(青春出版社)、『光の大研究』(PHP研究所)、『深海にひめられた地球の真実』(旺文社)、『深海の不思議』(日本実業出版社)など。

文部科学省科学技術学術審議会「地球観測システム推進部会」臨時委員

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ