書籍詳細

日本語の教科書
「文」「意味」「音」「語」「会話」―5つの文法のかたちを知ることで日本語の凄さがわかる!

日本語の教科書
著者名
畠山雄二
ISBN
978-4-86064-229-7
ページ数
448ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価3,024円 (本体2,800円+税8%)
発売日
2009年06月22日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

「日本語の文のかたち」「日本語の意味のかたち」「日本語の語のかたち」「日本語の音のかたち」「日本語の会話のかたち」という5つの文法について、それぞれの専門家がやさしい言葉で、日本語の真髄にふれてもらえるように、かみくだいて説明をしていく。読みすすんでいくごとに、「日本語」が、いかにおもしろくて、楽しくて、パワフルなものかを感じられる一冊。

著者コメント

(「はじめに」より)

本書では、「日本語の文のかたち」「日本語の意味のかたち」「日本語の音のかたち」「日本語の語のかたち」、そして「日本語の会話のかたち」といったタイトルのもとに、これら5つの文法の各領域について解説している。ただし、「解説」といっても、教科書的というか参考書的な解説にはなっていない。だからといって、街で見かける日本語の本のように、「ことばの雑学帳」のようなスタイルをとっていない。
本書は、読者にできるだけわかりやすく、そして日本語の神髄にふれてもらいたく、そのために、ちょっと変わった解説のスタイルをとっている。章によっては、物語調のものがあればいわゆる解説ぽいものもある。いずれにせよ、どの章も、各領域の神髄をうまく伝えられるよう、執筆者はみな、語り口というか話の展開に工夫を凝らしている。章ごとに語り口が変わることもあり、読者の皆さまには、最後まで飽きずに、まさに学校でいろんな先生の授業を聞いているような感じで、最後まで楽しんで読んでいただけるものと思っている。

著者プロフィール

畠山 雄二(はたけやま・ゆうじ)
1966年静岡県生まれ。東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。博士(情報科学)。現在、東京農工大学准教授。専門は理論言語学。
著書に『情報科学のための自然言語学入門』(丸善)、『ことばを科学する』(鳳書房)、『情報科学のための理論言語学入門』(丸善)、『理工系のための英文記事の読み方』(東京図書)、『英語の構造と移動現象』(鳳書房)、『科学英語読本』(丸善)、『言語学の専門家が教える新しい英文法』(ベレ出版)、『科学英語の読み方』(丸善)がある。秋田カオリ氏との訳書の他に(秋田氏の紹介欄参照)、谷川正弘氏との共訳、に『まずはココから!科学論文の基礎知識』(丸善)がある。また、編著書に『言語科学の百科事典』(丸善)と『日本語の教科書』(ベレ出版)がある。

この書籍とオススメの組み合わせ

はじめて読む日本語の歴史
はじめて読む日本語の歴史
うつりゆく音韻・文字・語彙・文法

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ