書籍詳細

世界史劇場 イスラーム三國志
オスマン帝国・サファビー朝・ムガール帝国の3強時代を、「三國志」になぞらえてドラマチックに描きます

世界史劇場 イスラーム三國志
著者名
神野正史
ISBN
978-4-86064-387-4
ページ数
320ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,728円 (本体1,600円+税8%)
発売日
2014年03月13日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

「まるで劇を観ているような感覚で、楽しみながら世界史の一大局面が学べる」シリーズ第四弾!臨場感あふれる解説で、歴史を“体感”できる!本書ではイスラーム世界がバラバラになったあと、再び統合に向かって繁栄していく、オスマン帝国・サファビー朝・ムガール帝国の3強時代を、「三國志」に擬えてドラマチックに描いていきます。“歴史が見える”イラストが満載で、日本人になじみのうすいイスラーム世界の歴史が、頭にスイスイ入ってきます。コミック世代のビジネスマンも読んで楽しめる、まったく新しい教養書です!

著者コメント

(「はじめに」より)

 本書は、拙著『世界史劇場 イスラーム世界の起源』(ベレ出版/ 以下『前巻』)の続刊として生まれました。
 幸いにして『 前巻』は、各方面から絶賛され、そうした声が耳に届くことは、筆者としても無上の歓びでしたが、同時に、読者からの“ 不満(?)” の声も寄せられました。
「え? これで終わり? つづきは!? つづきが読みたい!! 続刊希望!」
 そうした要望に押されて生まれたのが本書です。
 したがいまして、『前巻』にて詳説されていることに関しては、重複することになりますので、本書では深く触れておりません。
 本書をお手にした諸氏が、まだ『前巻』をお読みでないならば、これに目を通された上で本書を開かれる方が、より深い理解を得ることができることと思います。
 閑話休題。
 イスラームの歴史を紐解きますと、ひじょうに興味深いことに気づきます。
 開祖ムハンマドがこの世に生まれ落ちたのが6 世紀。
 それから現在に至るまで、イスラーム世界は、不思議なくらい3 0 0 年ごとに大きな時代のうねりを経てきているということ。
・第1 期 イスラーム創成期 ( 6 ~ 9 世紀の約3 0 0 年間)
── イスラームが生まれてから、成長と拡大の一途をつづけていく時代。
・第2 期 イスラーム分裂期 ( 9 ~1 2 世紀の約3 0 0 年間)
── 第1 期であまりにも大きくなりすぎた巨体を、自ら支えきれなくなり、分裂・解体していく時代。
・第3 期 イスラーム揺籃期 ( 1 2 ~1 5 世紀の約3 0 0 年間)
── 依然として分裂時代がつづくも、次代の発展の基礎が整う揺籃時代。
・第4 期 イスラーム絶頂期 (1 5 ~1 8 世紀の約3 0 0 年間)
── イスラーム世界に「三大帝国」が現出し、ヨーロッパを戦々恐々とさせた、イスラーム“ 最後” の繁栄時代。
・第5 期 イスラーム衰退期 ( 1 8 ~ 2 1 世紀?)
── 前代とは打って変わって、白人列強に浸食され、すべての利権を骨の髄までしゃぶり尽くされて、衰亡していく時代。
 歴史学の真髄は、「故きを温ねて新しきを知る」こと。
 この「過去の法則」を未来に当てはめるなら、まさに2 1 世紀は、イスラームにとって(ひいては世界にとって)、「新時代(第6 期の3 0 0 年間)への過渡期」ということになります。
 「時代の過渡期」には、それまでの常識が急速に通用しなくなり、驚きの事件・出来事がつぎつぎと起きるものです。
 まさに2 1 世紀最初の年(2 0 0 1 年)に起きた「9・1 1」は、その“ 象徴” であり、「新時代」の幕開けを告げる“ 鯨波の第一声” なのかもしれません。
 つぎの「3 0 0 年」は、どういう歴史をたどるのか。
 我々は、それを固唾を呑んで見守っていかなければなりません。
 さて。
『前巻』では、「第1~2期」に焦点を当てましたが、本書では「第3~4期」を中心に取りあげ、最後の「第5 期」は、(読者のご要望があれば)今後の続刊にて解説していくことになります。
 イスラームは、日本人には馴染みのない、理解しにくいものなので、とかく敬遠されがちですが、イスラームを知ることは、私たち自身を知ることであり、未来を知ることでもあるのです。
 本書が、その礎石となってくれるなら、こんなにうれしいことはありません。

著者プロフィール

神野正史(じんの まさふみ)

河合塾世界史講師。世界史ドットコム主宰。ネットゼミ世界史編集顧問。ブロードバンド予備校世界史講師。歴史エヴァンジェリスト。
1965年、名古屋生まれ。
出産時、超難産だったため、分娩麻痺を発症、生まれつき右腕が動かない。
剛柔流空手初段、日本拳法弐段。
立命館大学文学部史学科卒。
教壇では、いつも「スキンヘッド」「サングラス」「口髭」「黒スーツ」「金ネクタイ」という出で立ちに、「神野オリジナル扇子」を振るいながらの講義、というスタイル。
既存のどんな学習法よりも「たのしくて」「最小の努力で」「絶大な効果」のある学習法の開発を永年に渡って研究し、開発された『神野式世界史教授法』は、毎年、受講生から「歴史が“見える”という感覚が開眼する!」と、絶賛と感動を巻き起こす。
「歴史エヴァンジェリスト」として、TV出演、講演、雑誌取材、ゲーム監修など、多彩にこなす。著書に『世界史劇場 イスラーム世界の起源』『世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった』『世界史劇場 アメリカ合衆国の誕生』(ベレ出版)、『神野の世界史劇場』(旺文社)、『世界史に強くなる古典文学のまんが講義(全3巻)』(山川出版)、『爆笑トリビア解体聖書』(コアラブックス)など多数。

この書籍とオススメの組み合わせ

世界史劇場 イスラーム世界の起源
世界史劇場 イスラーム世界の起源
イスラームはいかにして誕生し、いかにして分裂していったの…
世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった
世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった
なぜ日清・日露戦争が起こるに至ったのかを、世界史的視点か…
世界史劇場 アメリカ合衆国の誕生
世界史劇場 アメリカ合衆国の誕生
意外と知られていないアメリカ合衆国建国の歴史をドラマティ…
世界史劇場 第一次世界大戦の衝撃
世界史劇場 第一次世界大戦の衝撃
大戦前夜からパリ講和会議まで、第一次世界大戦の展開を「詳…
世界史劇場 ロシア革命の激震
世界史劇場 ロシア革命の激震
臨場感あふれる解説と豊富なイラストで、ロシア革命を「体感…
世界史劇場 フランス革命の激流
世界史劇場 フランス革命の激流
革命前夜からジャコバン独裁、テルミドール9日のクーデタま…
世界史劇場 駆け抜けるナポレオン
世界史劇場 駆け抜けるナポレオン
ナポレオンの激動の人生とその時代を“体感&r…
世界史劇場 ナチスはこうして政権を奪取した
世界史劇場 ナチスはこうして政権を奪取した
ナチス独裁政権誕生までの流れを、臨場感溢れる解説と豊富な…
世界史劇場 正史三國志
世界史劇場 正史三國志
後漢末期から晋の統一まで、史実としての三國志を&ldqu…
世界史劇場 侵蝕されるイスラーム世界
世界史劇場 侵蝕されるイスラーム世界
17世紀から1870年代までのイスラーム圏の動きを詳しく…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ