書籍詳細

学んでみると遺伝学はおもしろい
身近な事象を取りあげながら、遺伝のメカニズムをやさしく丁寧に解説

学んでみると遺伝学はおもしろい
著者名
針原伸二
ISBN
978-4-86064-388-1
ページ数
224ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,620円 (本体1,500円+税8%)
発売日
2014年03月24日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

親と子が似ている、犬が産むのは犬の子どもで猫ではない、というのはあたりまえのように思われていますが、なぜそうなるのでしょうか。今でこそ、DNAという言葉がふつうに使われていて、「同じDNAを持つから」ということで理解されていますが、そのDNAはどのように親子の間で伝えられていくのでしょうか。本書では、遺伝の法則、DNAとは何かなど、そのメカニズムはもちろん、“なぜ男と女に分かれているのか”“遺伝子と病気の関係”や“DNA鑑定”などについてもやさしく丁寧に解説していきます。

著者プロフィール

針原 伸二(はりはら しんじ)
1958年生まれ。
東京大学大学院理学系研究科博士課程人類学専門課程修了(理学博士)。
現在、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻・助教。

大学院生の頃より人類遺伝学の研究に携わる。
特にミトコンドリアDNAの個人ごとの違い(多型)を検出し、そこから日本人の成り立ちに関して考察する研究に従事。
大学院修了後、短期間ではあるが大学の法医学研究室に所属しDNA鑑定の基礎的な研究に関わる。
近年は老化や病気とDNAの関係についても研究。
また、この十数年ほどは、いくつかの大学の自然人類学の講義を担当し、遺伝子から見た人類の進化や日本人の起源、遺伝現象やDNAの働きなどを解説している。

著書に『学んでみると自然人類学はおもしろい』(共著、ベレ出版)。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ