書籍詳細

数学の教科書が言ったこと、言わなかったこと
教科書で語られなかった部分にも目を向けることで、数学がもっと「わかる」ようになる

数学の教科書が言ったこと、言わなかったこと
著者名
南みや子
ISBN
978-4-86064-390-4
ページ数
336ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,836円 (本体1,700円+税8%)
発売日
2014年04月23日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

著者は高校生のころ、「数学の教科書には、それまでに習ってきた数学の内容がすべて書かれている」と信じ、わからないのは自分が悪いからだと思いながら徹底的に読み込んでいました。しかしやがて、実は教科書にはそれまでの数学が全て語られているわけではないと気づくことになります。それがなぜかということを考えるにつれ、数学を理解できなかったのは必ずしも自分のせいだけではないと思うようになります。実際に問題も解きながら、数学についてじっくり考える。大人の学びなおしに最適です。

著者プロフィール

南みや子(みなみ みやこ)

1948年 神奈川県藤沢市生まれ。
上智大学大学院修士課程修了(専攻は位相幾何学)。
学業修了後は、主として定時制高校に勤務し、さまざまな立場の生徒たちと関わりました。
講談社ブルーバックスより『やさしいトポロジー』『ポアンカレの贈り物』(いずれも共著)上梓。
若い頃には、多くの数学のプロたちと付き合い、その後「数学がわからない」と訴える生徒たちととことん付き合った結果、「数学がわかる」ということがどういうことなのか身にしみてわかってきました。

<著書>『やさしいポロジー』『ポアンカレの贈り物』(講談社ブルーバックス、いずれも共著)、『「なぜ?どうして?」をとことん考える高校数学』(ベレ出版)

この書籍とオススメの組み合わせ

「なぜ? どうして?」をとことん考える高校数学
「なぜ? どうして?」をとことん考える高校数学
問題を解きながら、高校数学の全体像についてわかりやすく解…
高校数学の計算問題が、誰でもスラスラ解けるようになる
高校数学の計算問題が、誰でもスラスラ解けるようになる
端折らない丁寧な解説で、高校数学に出てくる計算問題が解け…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ