書籍詳細

新・単位がわかると物理がわかる
「単位」を切り口にして、複雑な物理の原理をスッキリ理解

新・単位がわかると物理がわかる
著者名
和田純夫大上雅史根本和昭
ISBN
978-4-86064-419-2
ページ数
248ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,620円 (本体1,500円+税8%)
発売日
2014年12月18日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

2002年に出版され、好評を博した企画の待望のリニューアルです。「単位」の意味を考えることによって、複雑に見える物理の原理がスッキリと理解できるようになります。単位の中には、「量」の性質を決めている法則の内容が凝縮されているのです。今作では新たに視覚や聴覚に関する単位の章が設けられ、放射線の測定に使われる単位などの内容も加わりました。そして、国際度量衡総会で検討される、「キログラムの再定義」という話題にも詳しく言及していきます。

著者プロフィール

和田純夫(わだ すみお)
1949年生まれ。
東京大学理学系大学院卒。
現在、東京大学総合文化研究科専任講師。
専門は素粒子論、量子論、科学論。
著書:『物理学グラフィック講義(全6巻)』(サイエンス社)他多数。

大上雅史(おおがみ まさし)
1967年生まれ
東京大学理学系大学院卒
現在、特許事務所勤務。
専門は重力理論、量子論
著書:『数学が解き明かした物理の法則)』(共著、ベレ出版)他

根本和昭(ねもと かずあき)
1955年生まれ。
東京理科大学理学部応用物理学科卒。
現在、茨城県佐和高等学校教諭。
「量」を重視した物理教育を実践。
平成24年度日本理化学協会賞(物理部門)受賞。
「自己誘導を利用したエコ回路 ~ジュール・スクイーザー~」

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ