書籍詳細

植物の体の中では何が起こっているのか
意外に知らない植物の「生きる仕組み」をわかりやすく紹介

植物の体の中では何が起こっているのか
売れてます! 
著者名
嶋田幸久萱原正嗣  
ISBN
978-4-86064-422-2
ページ数
352ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,944円 (本体1,800円+税8%)
発売日
2015年03月24日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

動物のように動き回ることのできない植物。しかし、地球上に多種多様な植物が繁栄していることからわかるように、彼らは環境の変化にうまく対応し、進化してきたのです。植物たちは、まわりの環境をどのように感じとり、どのようなメカニズムをもって生きているのでしょうか。本書は、意外と知らない光合成や、生長や代謝にかかせない植物ホルモンのはたらきなど、植物の体の中で起こっている「生きる仕組み」を紹介します。

著者プロフィール

嶋田幸久(しまだ ゆきひさ)
横浜市立大学 木原生物学研究所 教授。
専門は植物生理学、研究分野は植物ホルモン(オーキシン)、環境応答、植物ゲノム科学など。
1986年、京都大学理学部卒業。
1997年、東京大学大学院 理学系研究科 博士課程修了(理学博士)。
協和発酵工業研究員、理化学研究所チームリーダーなどを経て、2010年より現職。


萱原 正嗣(かやはら まさつぐ)
フリーランスのライター・編集者。大学卒業後、通信企業・コンピュータ企業での勤務を経て出版・編集の世界に。主に書籍の制作やインタビュー記事などを手掛ける。「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」(井上ひさし)をモットーに、好奇心と仕事の依頼の赴くまま、人文系から自然科学まで幅広いテーマを扱う。

この書籍とオススメの組み合わせ

植物の形には意味がある
植物の形には意味がある
植物が進化の過程で手に入れてきた様々な形の意味とは?

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ