書籍詳細

日本の家庭料理をやさしい英語で教えてみませんか?
味噌汁、たまご焼き、肉じゃがなど、定番の家庭料理のレシピと、教える際に役立つ英会話を紹介

日本の家庭料理をやさしい英語で教えてみませんか?
著者名
富永恵美子
ISBN
978-4-86064-495-6
ページ数
248ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,944円 (本体1,800円+税8%)
発売日
2016年11月28日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

近所に住んでいたアメリカ人たちと友だちになり、家に招いて一緒に食事をしているうちに、日本の家庭料理を習いたいと言われたことからはじめた、25年以上前の小さな料理教室。そのレシピを楽しい会話と一緒に公開します。使っている英語はシンプルでやさしく、身のまわりの表現ばかり。まずは家庭料理の基本、ご飯の炊き方からはじまり、おにぎり、ちらし寿司、のりまき、いなりずしを。出汁の取り方を教えて、お味噌汁も。豚の生姜焼きに、たまご焼き、ぎょうざ、肉じゃが、きんぴらごぼう、カレー、コロッケと日本人が大好きなメニューが並びます。楽しく英語が学べて、日本の味を教えてみたくなる本です。

著者プロフィール

富永恵美子(とみなが えみこ)
昭和8年3月11日、神奈川県横須賀市生まれ。
関東学院短期大学英文科を卒業後、横須賀米軍基地でタイピストとして勤務。その後アメリカ人が出入りする洋服店で働く。
子育てが一段落した頃、東京都自由が丘にあった魚菜調理学校にて調理師免許を取得。
平成2年ころより15年間ほど、逗子の自宅にて多くのアメリカ人に日本の家庭料理を教える。また、アメリカ人のコミュニティやカルチャースクールで料理の講師を務め、新聞などでも紹介された。現在も年に数回、外国人や近所の方々にお菓子作りや料理を教えている。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ