書籍詳細

鳥類学者の目のツケドコロ
身近な野鳥を楽しむための「視点」を紹介!

鳥類学者の目のツケドコロ
著者名
松原 始
ISBN
978-4-86064-553-3
ページ数
360ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,836円 (本体1,700円+税8%)
発売日
2018年07月11日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

『カラスの教科書』で人気の松原始先生が、身近な野鳥について語りつくします! スズメやツバメ、カワセミ、ヒヨドリ、ウグイス、トビ、ハヤブサなど、身近にふつうにいる鳥たちの生活や行動などに迫ります。もちろん、カラスの話題も豊富。おなじみのハシブトガラスとハシボソガラスをはじめ、ミヤマガラスやコクマルガラス、イエガラスが登場します。こんな視点で鳥を見ていたのかと驚きと納得の連続! 鳥に詳しくなくても大丈夫。ユーモアたっぷりで、鳥への愛があふれる文章が、身近な野鳥の奥深き世界に誘います! ただ鳥を眺めたり、写真に撮ったりしているだけではモッタイナイ! それだけでは見えてこない鳥たちの生活を一緒に見てみましょう!

著者プロフィール

松原 始(まつばら はじめ)

1969年、奈良県生まれ。東京大学総合研究博物館特任准教授。
京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。
理学博士(京都大学)。専門は動物行動学。
著書に『カラスの教科書』『カラスの補習授業』(雷鳥社)、『カラスと京都』(旅するミシン店)、『カラス屋の双眼鏡』(ハルキ文庫)、『カラス先生のはじめてのいきもの観察』(太田出版)など。
鳥好きかって?いえ、普通ですよ。日曜日の昼下がり、はるか上空でカラスが大騒ぎしている声に気づいて双眼鏡をつかんで裸足で家を飛び出し、ノスリとカラスの喧嘩を言つけて「やっぱり!」と大喜びする程度で、ごく普通です。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ