書籍詳細

虫のオスとメス、見分けられますか?
オスとメスを見分けられれば、昆虫観察はもっと楽しくなる!

虫のオスとメス、見分けられますか?
著者名
森上信夫
ISBN
978-4-86064-690-5
ページ数
96ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
発売日
2022年05月25日発売予定

ショッピングカートに入れる 近日受付開始

内容紹介

虫のオスとメス、見分けられますか?
カブトムシやクワガタムシは、ツノや顎などで見分けられますが、では、タマムシやカマキリ、ナナホシテントウなどはどうでしょう?これらはよく知っている昆虫ですが、オスとメスの違いを聞かれるとちょっと迷ってしまいますよね。
本書は、身近で見られる虫を125種ほど取り上げ、オスとメスの違いを紹介します。子どもから大人まで大人気の虫や、虫好きでも違いをなかなか知らないような虫まで盛りだくさん。
さらに、見た目ではなく、行動や生態で雌雄を見分けることができる虫もいるので、昆虫観察がさらに楽しくなること間違いなし。
昆虫の世界の多様性へと運んでくれる一冊です。

著者プロフィール

森上信夫(もりうえ のぶお)

1962年、埼玉県生まれ。フリーの昆虫写真家。
昆虫がアイドルだった昆虫少年がカメラを手にし、
そのアイドルの“追っかけファン”に転じ、現在に至る。
「伊達者(だてもの)競演――昆虫のおなか」で、1996年に第13回アニマ賞を受賞。
『虫とツーショット』(文一総合出版)、『虫のくる宿』(アリス館)、
『虫・むし・オンステージ!』(フレーベル館)、『散歩で見つける 虫の呼び名事典』(世界文化社)、
『オオカマキリと同伴出勤――昆虫カメラマン、虫に恋して東奔西走』(築地書館)など著書多数。
埼玉昆虫談話会会員。立教大学卒。
「昆虫写真家・森上信夫のときどきブログ」
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ