書籍詳細

はじめての地学・天文学史
有史以来の研究を時代ごとにまとめたはじめての通史。

はじめての地学・天文学史
著者名
矢島道子和田純夫編
ISBN
978-4-86064-066-7
ページ数
304ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
発売日
2004年10月25日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

地球のこと、宇宙のことをそれぞれ別ものと考えるのではなく、同じ一つの流れとしてとらえるため、地学史と天文学史を1冊の本にまとめました。序章で基本的なことを学び、続く第1章では17世紀以前、第2章は18~19世紀まで、第3章では20世紀で、それぞれ地学史と天文学史を時代を追って俯瞰します。大学の教科書ではなく、学習参考書でもない大人が愉しみながら学ぶための本です。

著者プロフィール

矢島 道子
1950年生まれ
東京大学理学系大学院卒
現在、成蹊大学工学部など非常勤講師
日本地質学会、日本科学史学会その他所属
専門は古生物学、十九世紀地質学史、生物学史

和田純夫
1949年生まれ
東京大学理学系大学院卒
現在、東京大学総合文化研究科専任講師 専門は、素粒子論、量子論、科学論
著書:『物理講義のききどころ(全6巻)』(岩波書店)、『高校物理のききどころ(全3巻)』共著(岩波書店)、『一般教養としての物理学入門』(岩波書店)、『現代物理学の最前線6 量子力学の多世界解釈』(共立出版)

この書籍とオススメの組み合わせ

月の科学―「かぐや」が拓く月探査
月の科学―「かぐや」が拓く月探査
月探査の新しい局面を気鋭のサイエンスライターが直撃!
ブラックホールの科学
ブラックホールの科学
片道切符の旅と宇宙
それでも地球は回っている-近代以前の天文学史
それでも地球は回っている-近代以前の天文学史
天動説と地動説をめぐる天文学者たちの挑戦のドラマと宇宙観…
学びなおすと地学はおもしろい
学びなおすと地学はおもしろい
地震や温泉など身近なテーマから「地学」を楽しむ!

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ