書籍詳細

敬語の教科書
敬語の知識、使い方を体系的に解説。

敬語の教科書
著者名
佐竹秀雄西尾玲見
ISBN
978-4-86064-084-2
ページ数
216ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,296円 (本体1,200円+税8%)
発売日
2005年03月25日発売

ショッピングカートに入れる 品切れ

内容紹介

敬語を学ぶには、敬語の形式を覚えるだけでは十分ではありません。「行く」の尊敬語が「いらっしゃる」、謙譲語が「伺う」だと覚えても、どういう場合に使うかが理解できていなければ、意味がありません。本書は敬語を体系的に学習できるように知識を整理しつつ、実践の場面で使い分けられるように、なぜそうなるのかまで詳しく解説しています。

著者プロフィール

佐竹秀雄(さたけ ひでお)
1947年生まれ。1974年大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。専門は、現代語の表記論、文章論、言語行動論。国立国語研究所室長を経て、武庫川女子大学言語文化研究所長、兼、文学部教授。その他、日本広報協会広報アドバイザー、日本話しことば協会理事、日本語文章能力検定協会顧問、京都書房高校教科書編集委員。
編著書『サタケさんの日本語教室』(角川文庫 2000)、『デイリーコンサイス国語辞典』(三省堂 1991)、『デイリーコンサイス漢字辞典』(共著)(三省堂 1995)、『言語生活の目』(筑摩書房 1989)、『福武国語辞典』(共著)(福武書店 1989)、『図説日本語』(共編)(角川書店 1982)、『文章作法事典』(共著)(東京堂 1979)、『新文章工学』(共著)(三省堂 1978)ほか。

西尾玲見(にしお れみ)
1974年生まれ。2000年大阪大学大学院文学研究科博士前期課程終了。社会言語学を専攻、中でも方言文法を中心に研究。
日本話しことば協会、日本語文章能力検定協会において検定関連業務に従事。
論文「文法-動詞の活用-」『対馬巌原方言の実態』(大阪大学大学院 2000)、「『口語法調査報告書』の調査機関別回答傾向」(共著)『20世紀フィールド言語学の軌跡』(変位理論研究会 2000)など。

この書籍とオススメの組み合わせ

ことばの表記の教科書
ことばの表記の教科書
漢字、仮名、句読点の使い分けなど、表記について体系的に解…
文章を書く技術
文章を書く技術
日本語能力を使いこなす「技術」と「知識」

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ