書籍詳細

まずはこの一冊から 意味がわかる微分・積分
微分・積分の思考法に触れて、そのすばらしさ、おもしろさを体感できる!

まずはこの一冊から 意味がわかる微分・積分
著者名
岡部恒治 本丸諒
ISBN
978-4-86064-313-3
ページ数
264ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,052円 (本体1,900円+税8%)
発売日
2012年03月14日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

今やビジネスマン、社会人にとって必須となってきている「微分・積分」ですが、「あの頃はどうしても好きになれなかった」という人も多いことでしょう。しかし大人になって改めて学びなおすと、こんなにも身近に存在し、科学テクノロジーにもなくてはならないものなんだということに気づくはずです。本書では、「あの頃」にはわからなかった、理解できなかった、「微分・積分」の魅力と意味をじっくりと解説していきます。

著者コメント

(「はしがき」より)

 私は高校時代、数学は好きでしたが、その中では「微分・積分」はあまり好きな科目ではなく、どちらかというと、苦手な分野でした。その頃は、「微分・積分はlim やインテグラルで計算するだけの、つまらない科目だ」と思っていたほどです。
 そのように微分・積分を考えてしまう状況は、現在も変わらず続いているようです。
 というのは、2 年ほど前に誘われて「わかる数学の授業」という研究会に参加し、首都圏のある高校で、微分・積分の授業をした経験があるからです。
そのとき、「微分・積分について、どう思っているか」というアンケートをとってみたところ、「微分・積分の計算自体はできるけれども、それが何を意味しているかがわからない」「何に使えるのかがわからない」と答える生徒が何人も出てきました。
 「微分の計算はできるけれど……」という以上、数学に関しては優秀な学生なのだろうと思われるのに、「計算ばかりで、意味がわからない」と嘆いていたのです。
 そこで本書を執筆するにあたっては、そのときの経験も踏まえ、微分・積分の計算ができるだけではなく、微分・積分の意味がわかることに重点をおくことにしました。

著者プロフィール

岡部恒治(おかべ つねはる)
東京大学大学院理学研究科修了。
埼玉大学経済学部教授を経て、現在、同大学名誉教授。
日本数学教会副会長。『分数ができない大学生』(共著、東洋経済新報社)で、その後の学力低下論議のきっかけをつくり、日本数学界出版賞を受賞。
『マンガ微積分入門』(講談社ブルーバックス)など、新しい視点でまとめたベストセラー書が多数ある。

本丸 諒(ほんまる りょう)
横浜市立大学卒業後、出版社勤務を経てサイエンスライターとして独立。日本数学協会会員。「理系テーマを文系向けに<超翻訳>する」ライティング技術に定評がある。著書として『マンガでわかる幾何』(共著、ソフトバンククリエイティブ)がある。

この書籍とオススメの組み合わせ

まずはこの一冊から 意味がわかる線形代数
まずはこの一冊から 意味がわかる線形代数
ストンと腑に落ちる徹底解説で、これから学び始める人に最適…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ