書籍詳細

増補改訂版 語りかける高校数学 数 I 編
「わかったつもり」で終わらせない、新指導要領対応の増補改訂版!

増補改訂版 語りかける高校数学 数 I 編
著者名
高橋一雄
ISBN
978-4-86064-349-2
ページ数
632ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価2,808円 (本体2,600円+税8%)
発売日
2013年03月21日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

『語りかける中学数学』に続き、「数Ⅰ編」も新指導要領改訂にともなって、増補改訂版の登場です!新たに加わる科目の新原稿を追加し、既存の原稿も改訂を行ないました。誤答例を豊富に示すことで「なぜ間違ってしまったのか」に気づき、「わかったつもり」で終わらせないところはこの改訂増補版でももちろん健在です。高校数学は中学数学に比べてさらに抽象化し、難しくなります。受験生の頃には難しい数学を泣きながら勉強していた著者が、いま、そんな思いをされているすべての人に向けて書き下ろした渾身の一冊です。

著者コメント

(「まえがき」より)

計算式と方程式の違いがわかりますか? 
       分母を払えるのはどっちだっけかなぁ~・・・

関数と聞いて何かイメージできますか?
       2 つのグラフが浮かんでいるのかなぁ~・・・

覚えなくてはいけないこと、
       理解しなければいけないこと
              の区別がついていますか?

 数学はひとりで勉強するにはツライ教科だと思います。
 私も受験生の頃は、夜中に数学の問題と向き合い、孤独にため息をつき、涙したことが何度もあります。
 そんな思いをされている多くの方、そして、いろんな理由で独りで勉強しなければならないすべての方のためにこの本を書かせていただきました。

 高校数学は中学数学とは大きく違い、一段と抽象的なものになってきます。
 ・リンゴは全部で何個ありますか?
 ・A地点からB地点までのキョリは何km でしょう?
                         etc・・・
 このような具体的なことを聞かれることは、高校数学ではまず99%ないと言っても過言ではありません。高校では2 つ以上の文字を変数とし、その関係を扱う内容が主流になります。
 それもグラフを基本にして考えていくことになるのです・・・!
 この時点できっと、
    「変数ってナニ・・・?涙」
    「グラフなんてわからない! キライ!!」
という人がたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか!? 汗
 みなさん悩み(不安)は尽きませんよね・・・ふぅ~・・・、ため息!

私は
    「数学の基本は中学数学にあり!」
    「高校数学の基本は数学I にあり!」
と考えています。
 そこで今回も、前作『増補改訂版 語りかける中学数学』と同様に、できるかぎり誤答例を示すことで「なぜ間違ってしまったのか?」について考えていただき、解答だけを読んで、ただ“わかった!つもり”で終わらせないように心がけました。

 この高校編のテーマは

    「わかる」から「理解する」へ!

 今回も中学編以上に、とことん詳しく解説し、とにかく大いに語ってしまいました!笑 どうか最後までお付き合いくださいね!

 最後に、多くの「語りかける数学」を支持して下さる方々のおかげで、今回、指導要領改訂にともない、新たに「集合と論理」および「データの分析」の書き下ろしを加え、増補改訂版を出版させて頂くことになりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

 今後も、読者の方々と同じ視点でこの語りかけるシリーズを書かせて頂きたいと存じます。

 この本が、ひとりで悩まれている多くの方のお役に立てることを祈っております。

著者プロフィール

高橋一雄(たかはし かずお)
平成6年(1994)3月 東京学芸大学 卒業
教育学部情報環境科学課程/自然環境科学専攻・生命科学専修
ホームページアドレス http://www.katasu.com/

ネットカルチャーセンター「ビュールタウス」
http://www.asunaro-online.com/polyglot/index.html
前作の『語りかける数学』をテキストにしたネット講座。

[著書]『増補改訂版 語りかける中学数学』『語りかける中学数学 問題集』(ベレ出版)『もう一度高校数学』(日本実業出版社)など

この書籍とオススメの組み合わせ

語りかける中学数学 問題集
語りかける中学数学 問題集
家庭教師を一冊いかがですか?大事な問題はぜんぶ入れました…
増補改訂版 語りかける中学数学
増補改訂版 語りかける中学数学
あらゆる世代に支持されたロングセラーが増補改訂してリニュ…
語りかける高校数学 数 II 編
語りかける高校数学 数 II 編
独学で「理解」することにこだわった一冊。これで数学Ⅱは完…

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ