書籍詳細

通読できてよくわかる 水の科学
身近だけれど、意外と知らない水のことがよくわかる

通読できてよくわかる 水の科学
著者名
橋本淳司
ISBN
978-4-86064-404-8
ページ数
208ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
発売日
2014年08月22日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

私たちの周りには常に水があります。ペットボトルの水、洗面所の水、雨、川、海など、人間は常に水に囲まれて生活しています。周りのみならず、私たち人間の体は60~70%ほどが水で占められています。このように、あまりにも身近な存在である「水」について、本書では、改めて「なぜ」という視点を投げかけながら、その性質をわかりやすく解説し、水不足、水汚染、気候変動などの問題についても触れていきます。

著者プロフィール

橋本淳司(はしもと じゅんじ)
水ジャーナリスト/アクア・コミュニケーター。アクアスフィア代表。学習院大学文学部卒業。出版社勤務の後、独立し現職。
水課題を抱える現場を調査し情報発信。国や自治体への水対策の提言、子どもや一般市民を対象とする講演活動などを行う。参議院第一特別調査室客員調査員、東京学芸大学客員准教授など歴任。現在、静岡県立三島北高等学校スーパーグローバルハイスクール推進委員として世界と地域の水問題学習を通じたグローバル人材育成をサポートしている。
著書は『日本の地下水が危ない』(幻冬舎新書)、『水は誰のものか』(イマジン出版)、『67億人の水』(日本経済新聞出版社)など多数。

アクアスフィアHP  http://www.aqua-sphere.net/

この書籍とオススメの組み合わせ

通読できてよくわかる 電気のしくみ
通読できてよくわかる 電気のしくみ
日常生活に欠かせない電気について、やさしく丁寧に解説

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ