書籍詳細

個性は遺伝子で決まるのか
最先端の話題に触れながら、個性と遺伝の関係を考える

個性は遺伝子で決まるのか
著者名
小出剛
ISBN
978-4-86064-457-4
ページ数
192ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,620円 (本体1,500円+税8%)
発売日
2015年12月24日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

自分の性格をなおしたいと思ったことはありませんか。この性格は親から受け継いだので仕方がないと思っている人もいるかもしれません。世の中には、さまざまな個性をもった人たちがいますが、個性を生み出すのは遺伝子の仕業なのでしょうか。双子や精神病患者の研究、マウスを用いた研究など、「生まれか育ちか(遺伝か環境か)」を調べてきた歴史を振り返り、最先端の話題をまじえながら、個性と遺伝の関係について考えていきます。

著者プロフィール

小出剛(こいで つよし)

国立遺伝学研究所 マウス開発研究室 准教授。
専門は行動遺伝学。 医学博士。
著賞に『マウス実験の基礎知識』(編著、オーム社)、『行動遺伝学入門』(編著、裳華房)、『遺伝子が語る生命38億年の謎』(共著、悠書館)などがある。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ