書籍詳細

天気と海の関係についてわかっていることいないこと
密接な関わりがある天気と海について、気象学の最前線で活躍する研究者たちがわかりやすく解説

天気と海の関係についてわかっていることいないこと
著者名
筆保弘徳
ISBN
978-4-86064-473-4
ページ数
336ページ
サイズ
四六判 並製
価格
定価1,944円 (本体1,800円+税8%)
発売日
2016年05月25日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

海が気象に影響を与えていることが少しずつわかってきました。
南米沿岸の海面水温がいつもより高くなるエルニーニョは、日本に冷夏や暖冬をもたらすと考えられています。日本近海に目をうつしても、台風や梅雨前線の発達には海の存在が大きなカギを握っていますし、東京湾のような小さな海も内陸部の気象を左右します。このように海と気象は切っても切れない関係です。最前線で活躍する研究者たちが、海と気象の関係について迫ります。

著者プロフィール

━ 編 者 ━
筆保弘徳(ふでやす ひろのり) 
1975年生まれ。横浜国立大学 教育人間科学部 准教授、東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科 主指導教員。博士(理学)。気象予報士。専門は気象学。編著書に『天気と気象についてわかっていることいないこと』(ベレ出版)、『台風の正体』(朝倉書店)ほか。

第3章 海と台風の研究
和田 章義(わだ あきよし)
1968年生まれ。気象庁気象研究所 台風研究部 主任研究官。博士(理学)。専門は台風、大気海洋相互作用。学際的な視点で台風の研究に取り込んでいる。



━ 著 者 ━
第1章 黒潮と空の研究
杉本周作(すぎもと しゅうさく)
1980年生まれ。東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教。博士(理学)。2016年度日本海洋学会岡田賞受賞。専門は海洋物理学。中緯度の気候変動に果たす海洋の役割について研究を行っている。

第2章 海と梅雨の関係
万田敦昌(まんだ あつよし)
1972年生まれ。三重大学生物支援学部 准教授。博士(理学)。専門は海洋物理学。海洋が集中豪雨などの極端気象におよぼす影響について研究を行っている。

第4章 東京湾と空の研究
小田僚子(おだ りょうこ)
1981年生まれ。千葉工業大学 創作工学部 准教授。専門は都市気象学。大気陸面相互作用に関する研究のうち、近年は地上リモートセージングによる都市大気境界層内の乱流現象の研究に取り組んでいる。

第5章 北極の海と空の研究
猪上惇(いのうえ じゅん)
1974年生まれ。 国立極地研究所 国際北極環境研究センター 准教授。博士(地球環境科学)。専門は地域気象学。日本気象学会2006年度山本・正野論文賞受賞。ワークライフバランスの実現に向けて2016年に3か月間の育児休業を取得。FP技能士2級、宅地建物取引士。

第6章 熱帯の海と空の研究
飯塚聡(いいづか さとし)
1968年生まれ。防災科学技術研究所 水・土砂研究部門 主任研究員。博士(理学)。専門は大気海洋相互作用、台風など。

第7章 宇宙と船から見た海と空の研究
川合義美(かわい よしみ)
1971年生まれ。海洋研究開発機構 地球環境観測研究開発センター 海洋循環研究グループ 主任研究員。博士(理学)。専門は海洋物理、衛星リモートセンシング。中高緯度の大気海洋相互作用に関する研究に従事。

第8章 コンピュータの中の海と空の研究
吉岡真由美(よしおか まゆみ)
1965年生まれ。 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 特任助教。博士(理学)。専門は気象学、計算科学。『地球の大研究』(PHP研究所)共同監修。気象予報士。書家。

この書籍とオススメの組み合わせ

天気と気象についてわかっていることいないこと
天気と気象についてわかっていることいないこと
気象学の基礎から最先端の研究までをわかりやすく解説。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ