書籍詳細

「生物」のことが一冊でまるごとわかる
生物にまつわる様々な話題を体系的にまとめた「大人が教養を楽しむ」一冊

「生物」のことが一冊でまるごとわかる
著者名
大石正道
ISBN
978-4-86064-546-5
ページ数
256ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
発売日
2018年05月15日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

学校で習う「生物」にはあまり興味を持てず、暗記科目と割り切って付き合ってきた人も少なくないと思います。しかし、じつは「生物」は、ひとたび試験のための暗記などから解放されると、わくわくするような興味深い話題に溢れた、純粋に面白いものなのです。そして何より、恐ろしいほどの可能性を秘めた分野といえます…。本書では、生命が誕生して人類が現れるところから始まり、細胞のしくみや遺伝子とDNAなど、生物学の基礎をしっかり学ぶことができます。その上で、最新のトピックにも触れ、生物学の持つ可能性も感じることができます。誰もが手に取りやすく、大きな文字で読みやすい、大人が教養を楽しめる一冊です。

著者プロフィール

大石正道 (おおいし まさみち)
1984年、筑波大学第二学群生物学類卒業。
1989年、筑波大学大学院生物科学研究科生物物理化学専攻博士課程修了。
理学博士。米国サウスカロライナ大学リサーチ・アシスタント・プロフェッサーを経て、1991年、北里大学(衛生学部生物学科助手)。
1994年、理学部設立とともに理学部へ転勤。2033年4月より理学物理学科生物物理学講座専任講師。
2016年4月~2018年3月、日本電気永動学会会長。
<著書>
『現代用語の基礎知識』(自由国民社)の「生物・動物用語」を毎年担当。『ホルモンのしくみ』『ヒトゲノムのしくみ』(日本実業出版)、『図解雑学 遺伝子組み換えとクローン』(ナツメ社)など。

この書籍とオススメの組み合わせ

「電波と光」のことが一冊でまるごとわかる
「電波と光」のことが一冊でまるごとわかる
いちばんわかりやすい電磁気学入門
「高校の化学」が一冊でまるごとわかる
「高校の化学」が一冊でまるごとわかる
高校で学ぶ化学を「ざっくり」眺め「しっかり」理解する
「発酵」のことが一冊でまるごとわかる
「発酵」のことが一冊でまるごとわかる
食品としてだけでなく、産業面にまで広がる「発酵」の活躍を…
「食品の科学」が一冊でまるごとわかる
「食品の科学」が一冊でまるごとわかる
その料理も、あの食材も、すべて有機物です!
「量子化学」のことが一冊でまるごとわかる
「量子化学」のことが一冊でまるごとわかる
今後ますます重要になる「量子化学」の概念を易しく解説
「環境の科学」が一冊でまるごとわかる
「環境の科学」が一冊でまるごとわかる
自分の頭で考え、自分の意見をもつために必要な知識を身につ…
「ニュートリノと重力波」のことが一冊でまるごとわかる
「ニュートリノと重力波」のことが一冊でまるごとわかる
ニュートリノと重力波で、「さらに奥の」宇宙に迫る!
「半導体」のことが一冊でまるごとわかる
「半導体」のことが一冊でまるごとわかる
「産業のコメ」といわれる半導体について、やさしくわかりや…
「化学の歴史」が一冊でまるごとわかる
「化学の歴史」が一冊でまるごとわかる
化学はどのように生まれ、発展してきたのか

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ