書籍詳細

身のまわりのありとあらゆるものを化学式で書いてみた
身のまわりの「アレ」を化学式であらわすと……?

身のまわりのありとあらゆるものを化学式で書いてみた
著者名
山口悟
ISBN
978-4-86064-606-6
ページ数
228ページ
サイズ
A5判 並製
価格
定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
発売日
2020年01月27日発売

ショッピングカートに入れる

内容紹介

身のまわりには、さまざまなものであふれています。それらを化学式で表わすと、素朴な疑問がスッキリ解決します。「うるち米ともち米の違いは?」「野菜はなぜ青臭いの?」「タマネギを切ると涙が出るのはなぜ?」「なぜ虫歯になるの?」「石鹸で汚れが落ちるのはなぜ?」「乾電池から電気が出るのはどうして?」
化学の視点で「なぜ?」を「なっとく!」に。ちょっと遠い存在の化学が、ちょっぴり身近に感じられる一冊。

著者プロフィール

山口 悟(やまぐち さとる)

1984年、神奈川県生まれ。
製薬会社を経て、東京薬科大学薬学部に勤務。
博士(理学)。東京工業大学大学院にて取得。
薬剤師(北里大学薬学部卒業)。

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ