コラム

ぶかぶかのベレー帽

ランニングをはじめて1年になります

ランニングをはじめて1年になります。はじまりはべレのメンバーで走った皇居1周でした。ランニング自体初めてで、辛くて辛くて、夜景が滲むほど涙目になって走りました。でも、このとき完走できたことがきっかけになり、家の近くの公園を毎週末走っています。現在の悩みは、歩いている人以外追い抜いたことがないスピードなのに、なぜか毎回自分でもびっくりするぐらい真っ赤な顔になることです。

走ることを始めたら、ランニング歴が長いデザイナーさんから走り方のコツを教えていただいたり、毎日走っているという書店さんに「大会出たらいいよ」とアドバイスをいただいたりと、話題が少し広がりました。走っている人が結構いることにも気づくことができました。最近は旅先でも走るようになり、街の様子や地理を把握できて一石二鳥です。昨年末、妹家族がいるLAに行ったときにも走りました。ベニスビーチを出発点にサンタモニカを経由し、妹の家までの5キロのコースです。写真や映像でよく見る有名なビーチを眺めながらの爽快なランと言いたいところですが、海風、向かい風ですぐに息があがり、真っ赤な顔をした荒い息の日本人ランナー、悪目立ちしていないか心配でした。やっと家に到着すると、小学生の姪っ子が真っ赤な顔でゼーゼーいっている私を見て、「梅干し!顔が梅干し!」といつ憶えたのか「梅干し」という日本語を絶妙な例えに使って喜んでいました。やっぱりサンタモニカの景色には溶け込めていなかったみたいです。

走るのが嫌いだった自分がまさかランニングをはじめるとは!?と思ったりもしますが、自分じゃないみたいなことをやってみるのも悪くないです。目標は、10キロ走れるようになることと、梅干し顔にならず颯爽と走れるランナーになることです。

ワタヒキ

2019年02月21日

書籍詳細検索

フリーワード
カテゴリー
絞り込みオプション
 
×閉じる

ページのトップへ